【鬼滅の刃SS】彡(゚)(゚)「ワイは鬼殺隊の水柱や!」

1: 19/12/29(日)22:59:57 ID:pFj

風柱「」

岩柱「やきう!やれ!」

彡(゚)(゚)「おっしゃあ!漢の侍フルスイングや!」ブン

鬼「!?」

ズバン!

鬼「カステラやさんになりたかった……」シュウウウゥゥ

彡(゚)(゚)「ぜぇ、ぜぇ、やーっと下弦のイッチ倒したで……」

2: 19/12/29(日)23:00:25 ID:pFj

風柱「」

岩柱「くっ……風柱、やられたか……」

彡(゚)(゚)「イヤお前もアカンやんけ!もう火の玉ストレート投げられへんやん!」

岩柱「……現役は引退だな。育手に回る」

彡(゚)(゚)「そんな……柱が2人も消えんのけ……」

岩柱「仕方あるまい。なに、俺の弟子を次の岩柱にあてる」

3: 19/12/29(日)23:01:42 ID:pFj

産屋敷家

彡(゚)(゚)「そんな訳で、被害はデカいけど下弦のイッチは倒したで」

御屋形様「こほっ、そうか。ご苦労だったね」

彡(゚)(゚)「御屋形様もな。今日はもう寝てくださいやで」

御屋形様「いや、もう少し起きていたいんだ。これから炎柱が人を連れてくる」

彡(゚)(゚)「へ?」

炎柱「御屋形様、お待たせしました」

縁壱「……」

4: 19/12/29(日)23:02:17 ID:pFj

御屋形様「その人が、例の?」

炎柱「はい」

彡(゚)(゚)「イヤ、ワイにも分かるように話してや。おい誰やお前。何しにきてん」

縁壱「……継国縁壱。私は、妻を、身篭っていた妻を……」

彡(゚)(゚)「あー、いいわ、スマン。せやけどな、御屋形様かて体調不良で」

炎柱「単刀直入に言う。やきう、この者は道中、不意に現れた上弦の参を単独で倒した」

彡(゚)(゚)「ファッ!?」

5: 19/12/29(日)23:03:20 ID:pFj

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「ウッソやろ!上弦参なんて柱全員で脱糞覚悟で挑んで勝てるかどうかやぞ!見間違いやろ!」

炎柱「死体が消える前に眼を確認した。間違いない」

彡(゚)(゚)「……ホンマかあ?」

御屋形様「んんっ……縁壱、と言ったね。私も半信半疑だ。そこで、どうだろう。この水柱と立ち合ってくれないかな」

縁壱「……望みと有れば」

御屋形様「やきう」

彡(゚)(゚)「おーし、ワイが見極めたるわ!この陰キャめワイの水の型・神主打法に腰抜かせ!」

炎柱「……時々異世界の言語話すよな、お前」

7: 19/12/29(日)23:09:28 ID:pFj

彡(゚)(゚)「グエー!負けたンゴ!」ドサッ

縁壱「……」

御屋形様「息ひとつ切らさないのか。本物だ」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「なんやねんお前!強すぎるやろ!ホンマに人間か!?」

縁壱「……鬼でないことは確かだ……」

彡(゚)(゚)「なんやそら」

炎柱「大丈夫、俺が保証する」

御屋形様「縁壱、鬼殺隊として、我々の仲間になってもらえないだろうか?」

縁壱「……? もとより、そのつもりで来たのだが……」

御屋形様「ありがとう、助かるよ」

10: 19/12/29(日)23:11:15 ID:cCc

なにこのss

11: 19/12/29(日)23:12:24 ID:zmu

この水柱はスバルみたいなコミュ力やな

13: 19/12/29(日)23:16:23 ID:pFj

岩屋敷

彡(゚)(゚)「てな感じでな?クソ強サムライが鬼殺隊に入ったんや」

岩柱「フム、そのようなことが……おい、リリースが早い!」

小岩柱「はい!」ハアハア

雷柱「継国と言えば名門武家の出身だろう。この戦国の世で鬼殺隊に元服した者を入れるとは、余裕だな」

彡(゚)(゚)「はえー、ホンマもんのサムライけ。道理でなあ。あ、ボン、もっとスナップ利かせんとアカンで」

小岩柱「はい!」ゼエゼエ

岩柱「なんにせよ、強者が増えるのはいいことだ。次、遠投」

小岩柱「は、はい!」オエッ

雷柱「……相変わらず独特な鍛錬だな」

14: 19/12/29(日)23:17:09 ID:pFj

彡(゚)(゚)「さーて遠征や。おい緑壱、お前も日柱なんて新ポジ就いたんやからシャキっとせえよ」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「無愛想極まりないなお前。ま、ええわ」

ガサッ

鬼「とっとと死んで、どうぞ」

彡(゚)(゚)「ファッ」

ズバン!

鬼「ワイが死んだわ、どうぞ」シュウウウゥゥ

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「と言う間に終わったわ。お前動きが速すぎひん?」

15: 19/12/29(日)23:17:49 ID:pFj

縁壱「……手合わせのときから思っていたのだが」

彡(゚)(゚)「ん?」

縁壱「いつもそのような呼吸なのか?」

彡(゚)(゚)「呼吸?……まあ、戦闘になったら息切れするけども」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「おいなんやねんその目。おい。腹立つなコイツ」

縁壱「試しに、今から教える呼吸をしてみてほしい」

16: 19/12/29(日)23:23:00 ID:pFj

彡(゚)(゚)「ん、んん?こうか?」スーハー

縁壱「そう。飲み込みがいい」

彡(゚)(゚)「なんで上から目線やねん。ワイ先輩やぞ」

縁壱「……?褒めたのだが」

彡(゚)(゚)「まあええわ。そんでこれいつまで続けんねん」

縁壱「常に」

彡(゚)(゚)「常にかい」

17: 19/12/29(日)23:23:58 ID:pFj

集落

下弦の陸「体はプロテインじゃなくて飯で作る」

彡(゚)(゚)「ゲッ、ここの鬼下弦か!!」

縁壱「やきう、呼吸が乱れている」

彡(゚)(゚)「やかましい!えーと、呼吸を整えて……喰らえ水ガッツの型!」

ズババン!

下弦の陸「!?」

彡(゚)(゚)「おお!?めっちゃ動けるわ!このまま、漢の侍フルスイングや!」ブン

ズ    バン!

下弦の陸「ちな中学時代に人殺したことある」シュウウウゥゥ

18: 19/12/29(日)23:31:05 ID:zmu

ワイとイッチしか見てない?

20: 19/12/29(日)23:31:45 ID:pFj

>>18
それならそれでええわ
まだ書き途中やしゆっくり見てってや

19: 19/12/29(日)23:31:14 ID:pFj

彡(゚)(゚)「や、やったで!!ワイ1人で下弦の陸倒したわ!!」

縁壱「見事。これが呼吸だ」

彡(゚)(゚)「はえー、なんやすっごいチカラ漲ってくるわ。ん、ワイどっかぶつけたやろか?痣出てきたわ」

縁壱「……私と同じ模様の痣だ。特に害はない」

彡(゚)(゚)「あ、そうなん?まあこれはこれでオシャレやんな。さ、帰って御屋形様に報告や!」

22: 19/12/29(日)23:33:55 ID:pFj

産屋敷家

炎柱「聞いたぞやきう!大活躍だったそうじゃないか!」

彡(゚)(゚)「なっはっは!ま、ワイにかかればこんなもんや!」

雷柱「見事よなあ。さて、御屋形様の呼び出しはいったいなんであろうか」

炎柱「時期的に新しい柱の紹介だろう。岩と風の後任が決まったハズだ」

彡(゚)(゚)「おっ、ボンもようやく参戦やな。アイツはノビのあるエエ球投げるでえ!」

雷柱「何故岩柱だけ武器が代々鉄球なのか……ん?3人いないか?」

大風柱「この度、風柱に就任した。前風柱の兄に当たる」

小岩柱「この度、岩柱に就任しました!前岩柱の継子です!」

厳勝「継国厳勝。継国縁壱の双子の兄だ」

彡(゚)(゚)「イヤ誰やお前」

24: 19/12/29(日)23:43:00 ID:pFj

縁壱「……兄上だ」

彡(゚)(゚)「知らんがな!」

雷柱「継国厳勝……?継国家の当主と同じ名前じゃないか?」

厳勝「当主の座は捨てた。今は……1人の隊士だ」

炎柱「本当に当主だったのか!武家の大将が味方とは心強い!」

大風柱「……」

小岩柱「食われちゃいましたね……」

25: 19/12/29(日)23:43:46 ID:pFj

御屋形様「ゲホッ、さて、柱のお披露目はここまでだ。やきう」

彡(゚)(゚)「へ?なんでしょ?」

御屋形様「キミが下弦の陸を単独撃破した要因は何かな?」

彡(゚)(゚)「そらもちろんワイの実力や!」

御屋形様「……」

彡(゚)(゚)「……すんません、ウソつきました。縁壱から呼吸について教えてもらいました」

炎柱「呼吸?」

彡(゚)(゚)「せや。なんかその呼吸するとえらい力が漲るんや」

雷柱「ほう……」

御屋形様「縁壱、その呼吸、みんなに教えてもらえるかな?」

縁壱「……はっ」

26: 19/12/29(日)23:44:35 ID:pFj

炎柱「おおっ!身体が軽い!」

雷柱「これは、すごいな!」

大風柱「ふははは!このチカラがあれば鬼など恐るるに足らず!」

小岩柱「ノビだけじゃなくキレも増しますね!」

厳勝「……!」

彡(゚)(゚)「あーあ、ワイだけの必殺技にしたかったんに」

御屋形様「これで死者が減るならいいことだろう?」

厳勝「縁壱、手合わせを」

縁壱「! はっ、ぜひ」

27: 19/12/29(日)23:45:25 ID:pFj

厳勝「くっ……」ザッ

縁壱「兄上、見事」

厳勝「一本も取れぬで何が見事なものか!」

縁壱「……」

雷柱「おい、御屋形様の前で何をしている」

厳勝「……みな、失礼。私は稽古に戻る。御屋形様、出陣の際はなんなりと御命令を」

御屋形様「ああ、期待してるよ」

30: 19/12/29(日)23:46:33 ID:pFj

彡(゚)(゚)「行ってもうたわ。お前ら仲悪いんけ?」

縁壱「……」

炎柱「立ち入って欲しくないこともあるだろう。追々話してくれればいい。それよりも、俺たちも稽古だ」

雷柱「うむ、この呼吸を使いこなすことこそが肝要」

大風柱「私は初任務に向かう。呼吸は実戦で試させてもらう」

彡(゚)(゚)「ほなワイはボンと特打ちや!ボン!久々にガチンコや!」

小岩柱「はい!本気でお願いします!」

炎柱「御屋形様、我らこれにて」

御屋形様「ゲホッ、ゲホッ、ああ、しっかり訓練に励んでくれ」

彡(゚)(゚)「御屋形様、大丈夫かいな」

御屋形様「……大丈夫だとも、もうしばらくは」

34: 19/12/29(日)23:52:56 ID:SD6

回想の時点では12鬼月無かった筈なのに黒死牟の目に上弦壱って刻まれてる謎

35: 19/12/29(日)23:54:20 ID:pFj

しばらくして

大風柱「鬼を9体討ち取り、集落を救ってきた」

炎柱「鬼25体と下弦の伍を討伐してきた」

雷柱「鬼18体を討伐、公家より資金援助を得た」

小岩柱「鬼3体を討ち取って、ウイニングボールを茶屋の子に渡しました」

彡(゚)(゚)「シャカシャカランニングホーマーやったで」

厳勝「戦場に湧いていた鬼を35体」

縁壱「三日三晩走り続け、鬼を見つけ次第倒していた。これを幾度か繰り返していたので、倒した数は覚えていない」

36: 19/12/29(日)23:55:17 ID:pFj

御屋形様「ゲホッ、ゲホッ……みんな、ありがとう。鬼殺隊結成以来の成果だよ」

炎柱「御屋形様、お身体は……」

御屋形様「……正直に言おう。もう長くはない」

雷柱「!」

御屋形様「だが、大丈夫。私はいまだかつてない高揚感を覚えているよ。無惨を倒すまでは……」

彡(゚)(゚)「……」

37: 19/12/29(日)23:56:21 ID:pFj

御屋形様「鬼無辻無惨は私の代で必ず倒す。そのために……雷柱、しばし休養を取ってくれ」

雷柱「!?な、なぜ!」

御屋形様「きみの体調不良の報告は受けている」

雷柱「!」

炎柱「……すまん、言っても聞かぬと思ったからな」

御屋形様「きみは強大な戦力だ。上弦か無惨を倒すときまで、身体を休めていてくれ」

雷柱「……はっ」

大風柱「……」

御屋形様「さて、大風柱、やきう、小岩柱。奈良へ向かってくれ。多数の鬼の情報が入った。他の者はそれぞれの受持区域に戻ってくれ」

38: 19/12/30(月)00:12:24 ID:h2o

奈良

上弦の肆「なんやねんお前ら。虫さんが走る」

彡(゚)(゚)「!?じょ、上弦やんけ!」

大風柱「なんの!柱3人いれば怖いものなし!」

小岩柱「先手必勝!レーザービーム!」

上弦の肆「なんやこれガイガイ音頭でも踊ってろや」パシ

小岩柱「捕られた!?」

彡(゚)(゚)「何してんねん!呼吸使え呼吸!」

39: 19/12/30(月)00:13:17 ID:h2o

大風柱「風の呼吸、壱の型 塵旋風・削ぎ!」

上弦の肆「おっ!?」

彡(゚)(゚)「ウラァ!フルスイングじゃい!」

小岩柱「火の玉ストレート!」

上弦の肆「あそれあそれガイジが出た出たよよいのよいw 」シュウウウゥゥ

彡(゚)(゚)「出たのはガイジやのうて太陽やこのガイジ」

小岩柱「はっ、はっ、結局、夜通しでしたね……」

大風柱「ここまで戦い続けたのは初めてだ」

彡(゚)(゚)「ホンマやで、なんかもう頭も身体もクラクラしてきたわ……」

小岩柱「そういえばぼくも……」

大風柱「日が昇った今なら、お、に、も……む、ぐ……?」

ドサッ

40: 19/12/30(月)00:14:54 ID:h2o

彡(゚)(゚)「おいおい大丈夫け……あっつ!!は!?お前身体どないしてん!!」

小岩柱「こ、これ人間の体温じゃないですよ!」

大風柱「」

彡(゚)(゚)「あ、あかんなんやワイも……」

ドサッ

小岩柱「えっ!?ちょっと、2人とも!」

42: 19/12/30(月)00:22:20 ID:h2o

彡(゚)(゚)「……あれ?ここどこや?」ムクリ

雷柱「起きたか」

彡(゚)(゚)「へ?お前なんでおんねん」

雷柱「お前たちが倒れたと聞いて、懇意にしている奈良地内の武家の屋敷をお借りした」

彡(゚)(゚)「はえー、そうやったんか。すまんの」

雷柱「体調はどうだ?」

彡(゚)(゚)「疲れとるけど、寝れば治るわこんなん」

雷柱「そうか……」

彡(゚)(゚)「ほかの2人は?」

雷柱「大風柱はまだ寝ている。小岩柱は岩屋敷へ戻った」

彡(゚)(゚)「そうかい。ま、生きてるんならええわ」

43: 19/12/30(月)00:22:53 ID:h2o

雷柱「やきう、今回はどのように倒れた?」

彡(゚)(゚)「それがなあ、闘いが終わったら急にふらふら~となって、そのまま気ぃ失ったんや」

雷柱「……」

彡(゚)(゚)「大風柱も似たような感じや、それに体温がもの凄い高かったわ。なんや鬼の毒やろか?」

雷柱「イヤ、違う」

彡(゚)(゚)「あん?なんで分かるんや?」

雷柱「俺にも同じ症状が出ているからだ」

彡(゚)(゚)「へ?」

雷柱「一度、全員を集める必要があるな」

44: 19/12/30(月)00:33:45 ID:h2o

産屋敷家

御屋形様「……」

雷柱「御屋形様、私の無理を通していただき、かたじけのうございます」

御屋形様「いや、かまわない……なにか、重大な話だね?」

雷柱「はっ」

炎柱「いったい何の話だ?」

厳勝「各々任務や鍛錬を中断して集まっているのだ。必要なことなのであろうな?」

雷柱「ああ、とても大事な話だ」

彡(゚)(゚)「なんやねん一体」

縁壱「……」

45: 19/12/30(月)00:34:11 ID:h2o

雷柱「はじめに、全員、体調に違和感を感じる者は手を挙げろ」

炎柱「む?」

大風柱「……」

雷柱「隠し立ては許さん。わずかでも体調に異変を感じる者は手を挙げろ」

小岩柱「わずかでも、ですか?それなら私も……」

46: 19/12/30(月)00:34:48 ID:h2o

雷柱「……縁壱以外全員か」

彡(゚)(゚)「いや、そんなん言うてもやな、みんな鬼と殺し合いしてるんやで?そら多少なり怪我や疲れはあるやろ」

雷柱「ちがうな。全員、不良の内容は目眩と急な発熱。そうだろう?」

炎柱「! なんで分かった?」

雷柱「私も同じ症状だ。流行り病の可能性は捨てきれぬが、巷でそのような情報はない」

彡(゚)(゚)「ほな、なんやろか?全員に共通してるとなると…」

厳勝「……痣、か?」

47: 19/12/30(月)00:35:14 ID:h2o

雷柱「そういうことだ」

小岩柱「え、でも、縁壱さんは常時と変わらないようですが…」

雷柱「縁壱は幼少より呼吸を維持していたという。なれば、呼吸を使っていても何も感じぬであろう」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「はえー、なるほどな。ほな、この呼吸はあんま使わへん方がええんやな?」

炎柱「どうしようもない時のみ、ということか」

厳勝「……だが、それでは、常時呼吸を使える縁壱には……」ブツブツ

48: 19/12/30(月)00:35:52 ID:h2o

雷柱「だといいのだが、大風柱」

大風柱「む」

雷柱「お前、もう立ってるのもやっとだろう」

小岩柱「!?」

大風柱「……ああ、そうだ」

炎柱「なっ」

大風柱「だが!弟の仇を取るまでは、鬼無辻無惨を倒すまでは死なぬ!いや、死ねぬ!」

雷柱「うむ、全員同じ覚悟だ。さて、俺と大風柱が一際冒されているようだが、他には?」

炎柱「いや、そこまでは…」

彡(゚)(゚)「ワイもや。いやまあこないだぶっ倒れたけども」

小岩柱「私は戦闘時以外は問題ありません」

厳勝「……同じく」

49: 19/12/30(月)00:36:27 ID:h2o

雷柱「ふむ……となると……」

御屋形様「………年齢」

雷柱「!大風柱、お前いくつになる?」

大風柱「今年で30となる」

雷柱「私は28だ。炎柱」

炎柱「22だが……」

彡(゚)(゚)「23や」

小岩柱「19です」

厳勝「21だ。縁壱も私と双子故、21となる」

縁壱「……」

50: 19/12/30(月)00:36:54 ID:h2o

御屋形様「……25から27、くらいだろうか」

雷柱「ええ、恐らくは」

彡(゚)(゚)「へ?何が?」

雷柱「恐らく、一定の年齢を超えてこの呼吸をした者は死に到る」

炎柱「!」

雷柱「その基準が25歳から27歳だろう、ということだ」

小岩柱「そんな、それじゃあ」

厳勝「それでは武を極められぬではないか!!!!!!!」

51: 19/12/30(月)00:37:44 ID:h2o

彡(゚)(゚)「おわ!?なんや急に」

厳勝「なんということだ……!!!それでは!!私は何のために!!!!!!!!」

縁壱「兄上……?」

雷柱「……うむ、気持ちは分かる。だが、我ら元より鬼を斃すためなら死をも厭わぬ覚悟。であろう?」

大風柱「応!」

小岩柱「もちろんです!」

雷柱「とは言え、無惨を斃すことなく死ぬことは御免被る。それ故に……」

御屋形様「…………ああ。これより、上弦の鬼及び無惨との闘い以外で呼吸を使うことを禁ずる」

炎柱「はっ」

彡(゚)(゚)「まっ、しゃーない」

縁壱「……なんということだ……ああ、なんという……」ブツブツ

縁壱「……」

御屋形様「無惨の情報が入り次第、報せる。その時まで…各々鍛錬を」

52: 19/12/30(月)00:48:13 ID:h2o

岩屋敷

岩柱「ほう、そのような……」

彡(゚)(゚)「デカい力には相応の対価が必要っちゅうこっちゃな。はー、ワイも寿命縮まんのやろか」

岩柱「不安か?」

彡(゚)(゚)「まあな。……つーか縁壱はなんやねんアイツ。知らんかったとは言え謝りもせえへんのやけど」

岩柱「その者、大丈夫なのか?」

彡(゚)(゚)「大丈夫って、何がや?……ん?鴉や」

鴉「ムザンハッケン!ムザンハッケン!柱ハ迎エ!」

彡(゚)(゚)「なんやて!?」

鴉「継国兄弟ガ既ニ向カッテイル!応援!応援!」

53: 19/12/30(月)00:48:44 ID:h2o

小岩柱「あ、やきうさん!」

彡(゚)(゚)「スマンなボン!他の連中は!?」

小岩柱「みんな向かってます!!」

彡(゚)(゚)「クッソ、ワイらがいちばん遠いやんけ!」

鴉「カアアアアア!!聞ケ!!聞ケ!!御屋形様!ゴ逝去!」

彡(゚)(゚)「はあ!?」

小岩柱「そんな……」

鴉「遺言!ススメ!ススメ!ワタシニカマウナ!!ムザンヲ倒セ!!」

彡(゚)(゚)「……走るで!ボン!」

小岩柱「はい!」

54: 19/12/30(月)00:49:26 ID:h2o

彡(゚)(゚)「やっと着いた!おい、厳勝!」

厳勝「……」

彡(゚)(゚)「厳勝!無惨はどこや!」

厳勝「……」

小岩柱「厳勝さん……?」

厳勝「……手合わせを」

彡(゚)(゚)「は? っ、お前なんやそのキショい顔!!」

55: 19/12/30(月)00:50:11 ID:h2o

炎柱「弐の型・昇り炎天!」

大風柱「壱の型 塵旋風・削ぎ!」

黒死眸「む」

ギィン!ガン!

炎柱「やきう!小岩柱!退け!」

彡(゚)(゚)「お、おう!」

大風柱「クソが!二度とそのツラ見せるな!」

小岩柱「な、なにが?」

黒死眸「ふむ、逃げる、か」

黒死眸「よい、私には時間がある。お前たちと違い、時間が」

黒死眸「今、痣者を複数同時に相手するよりも……研鑽が先だ……」

黒死眸「これで、私は、ふふふふふ」

56: 19/12/30(月)00:50:51 ID:h2o

彡(゚)(゚)「な、なんやったんや、今の」

大風柱「……厳勝が鬼になった」

彡(゚)(゚)「はあ!?」

炎柱「無惨を斃すために向かってたんだが、俺たちが着いた時には、厳勝は……」

彡(゚)(゚)「わ、訳わからん!ほな縁壱は!?」

大風柱「今向かっている方向にいる!アイツも無惨を追っている!」

57: 19/12/30(月)00:51:13 ID:h2o

炎柱「いた!おーい!縁壱!」

???「!」ビクッ

縁壱「行け」

???「……」ペコリ

シャッ

彡(゚)(゚)「ん?今だれか……」

58: 19/12/30(月)00:51:49 ID:h2o

炎柱「無事か!?」

縁壱「……ああ」

大風柱「無惨は!無惨はどこだ!!」

縁壱「……すまない……」

小岩柱「!そ、そんな!」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「なあ、おい。今おまえ誰かと喋っとらんかったか?」

縁壱「……それは」

炎柱「聞いてくれ、縁壱。厳勝が鬼になった」

縁壱「!?」

59: 19/12/30(月)00:52:39 ID:h2o

雷柱「見たぞ!!!縁壱!!!!」

縁壱「!」

炎柱「お、おい、お前、腕が!」

雷柱「かまわん!」

彡(゚)(゚)「イヤ腕ぶっ飛んでるヤツが何言うとんねん!」

雷柱「どうでもいい!!縁壱!貴様鬼を逃したな!!」

大風柱「なんだと!!」

縁壱「……あれは」

雷柱「貴様に託した俺が馬鹿だった!!!意識が飛ぼうが無理にでも戦わなければならなかった!!!一生の不覚!!!」

小岩柱「ちょ、ちょっと落ち着いて……」

雷柱「無惨はどうした!!あの鬼同様逃したか!!!」

縁壱「……仕留められなかった」

雷柱「きっさま!!!!」

炎柱「お、落ち着け!我らが争ってどうする!1度御屋形様に」

60: 19/12/30(月)00:53:27 ID:h2o

彡(゚)(゚)「……御屋形様は亡くなったで」

縁壱「!」

彡(゚)(゚)「のう縁壱。お前どういうつもりや。ワイらに死に至る呼吸を教えて、兄貴を鬼にして、鬼を逃して」

縁壱「……」

彡(゚)(゚)「またええタイミングで御屋形様も亡くなられた。おう、結果だけ見れば、鬼殺隊は壊滅寸前やんけ」

縁壱「……私は」

彡(゚)(゚)「今はお前からなんも聞きたないわ。1度戻るでおまえら」

61: 19/12/30(月)01:02:22 ID:h2o

産屋敷家

縁壱「……」

大風柱「なんということだ!まさか信頼していた仲間が鬼の内通者とはな!」

雷柱「かくなる上は腹を切れ!己ら継国の家の者が残っておれば世に鬼が蔓延るわ!!」

炎柱「お、おい、何もそこまで……」

彡(゚)(゚)「静かにせえ。御屋形様がお出でや」

63: 19/12/30(月)01:15:46 ID:h2o

子屋形様「縁壱、話は聞いているよ」

縁壱「……」

子屋形様「大丈夫、君が私たちに協力してくれた功績は忘れない」

大風柱「なっ!?」

雷柱「しかし!!」

子屋形様「ああ、2人の言うことももっともだ。縁壱、すまないが、今日から君を鬼殺隊から除隊させる」

縁壱「……はっ」

子屋形様「みんな、それでいいね?」

炎柱「……」

小岩柱「……」

彡(゚)(゚)「……」

64: 19/12/30(月)01:16:12 ID:h2o

岩屋敷

彡(゚)(゚)「ちゅうことや。もう2度と縁壱を見ることはないやろ」

岩柱「……」

小岩柱「……結局、あの人は何者だったんでしょう?」

彡(゚)(゚)「さあな。とにかく、ワイらは継国家のオモチャにされたってことや。しょーもな」

岩柱「だが、得られたモノもあるだろう?」

彡(゚)(゚)「おん?」

岩柱「呼吸だ」

65: 19/12/30(月)01:16:40 ID:h2o

彡(゚)(゚)「イヤせやからそれ使ったら死ぬんやねんて」

岩柱「縁壱は死ななかっただろう?」

彡(゚)(゚)「せやで?特別やからな」

岩柱「ならば、その呼吸を個人に合うよう改良していけばいい」

彡(゚)(゚)「どういうこっちゃ?」

岩柱「縁壱の呼吸は縁壱に最適の呼吸であり、お前たちには最適ではなかった。だから、これからお前たちに最適な呼吸を探していけばいい」

彡(゚)(゚)「なるほどな…せやけど」

岩柱「お前の代では難しいだろう。いつの日か、我らの子孫が無惨を倒せるよう、呼吸と型を繋いでいくしかあるまい」

彡(゚)(゚)「なるほどな……よし!そんならこれから特訓や!ワイに最適ならやっぱりケツ呼吸やな!」

岩柱「急にどうした」

66: 19/12/30(月)01:17:00 ID:h2o

こうして、ワイは水の呼吸と水の型を開発した。

どうやっても神主打法が取り入れられんかったのが残念やがしゃーない。

縁壱はあんとき何か言いたかったんやろか?

今となってはよう分からん。

どうか、ワイの水の呼吸の継承者が縁壱みたいな陰キャでないことを願う。

68: 19/12/30(月)01:20:53 ID:h2o

義勇「…」パチ

しのぶ「あ、義勇さん起きましたか」

義勇「……変な夢を見ていたような……」

しのぶ「へえ、どんな夢です?」

義勇「……よく思い出せない。だが、たぶん私は先祖の願いを叶えている、ような気がする」

しのぶ「? 良かったですね?」

69: 19/12/30(月)01:21:33 ID:h2o

彡(゚)(゚)「ワイは鬼殺隊の水柱や!」

これにて完結

70: 19/12/30(月)01:23:28 ID:h2o

短く済ませるつもりがこんなに長くなったし、やきう要素がどんどんなくなって焦ったわ。
何が言いたいかって言うと、縁壱は口下手やから上手いこと状況説明できずに鬼殺隊を追ん出されたやろなってことや。

71: 19/12/30(月)01:25:12 ID:h2o

前に鬼滅のSS誰か書いてやってスレ立てたんやけど、やっぱ誰も書かんかったから自分で書いたわ
ここまで読んでくれてありがとナス
ほな
【速報】ワイ、鬼滅の刃の最大の矛盾点を見つけてしまうwwww

【画像】叶美香さん、お蔵入りしていた禰豆子のコスプレを公開

鬼滅の刃 柱の強さランキングトップ10作ったぞwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。