ジョジョ実写化の背景を専門家が語る「高い話題性で宣伝費を節約」「たとえ酷評されても十分な興行成績」

ctap1mkwiaawkqh


ついに『ジョジョ』も…漫画実写化“乱造”のワケ
映画批評家 前田有一


     国内外で絶大な人気を誇る漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が、三池崇史監督によって実写映画化され、来年夏に公開されることになった。ところが、この報が伝わるや、『ジョジョ』の熱烈なファンから「原作の世界観を描き切れるわけがない」といった激しいバッシングが沸き起こった。今回に限らず、人気漫画の実写化に当たっては、映画会社などが批判にさらされることが珍しくない。にもかかわらず、実写映画はなぜ作られ続けるのか。映画批評家の前田有一氏が論じる。

“最後の聖域”来夏映画に

荒木飛呂彦氏の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部を共同製作で実写映画化するという、これまたビッグなネタだったために、いまや日本中をこの話題が駆け巡っている。

 実写化を歓迎する声を打ち消すほどに不安の声が大きい気がするのは、これまで日本映画界が手掛けてきた「漫画の実写化」がことごとく失敗してきたからだ。特にここ数年は、『進撃の巨人』(15年)、『テラフォーマーズ』(16年)など、鳴り物入りの話題作が軒並み不評であった。もはや「漫画の実写化」というニュースそのものがネット上で炎上必至な状況といってもよい。

高い話題性、宣伝費も節約

 なぜ映画会社は漫画の実写映画を作り続けるのだろうか。

 その理由はいくつもあるが、天下の東宝とワーナーが共同会見をするほど、漫画の実写化には話題性があり、世間の注目を集めることができる点がまず挙げられる。人気漫画ともなれば累計発行部数が1000万冊単位であることも珍しくない。それだけのコア層の口コミと、収益への貢献が期待できる。

 特に大きいのは、宣伝費を節約しつつ、効果的に宣伝できるという側面だ。宣伝費を負担するのが製作委員会なのか配給会社なのかは作品によるが、どちらにせよ人気の漫画なら、放っておいてもマスコミとファンが勝手に実写化のことを宣伝してくれるからだ。

 こうした宣伝重視の背景には、どんなに良い映画を作っても人の目に触れなければ、あっという間に忘れ去られてしまうという映画界の厳しい状況がある。日本における映画の公開本数は2010年が716本(うち邦画が408本)だったのに対し、15年は1136本(同581本)。シネコン(シネマ・コンプレックス、複合型映画館)の普及とともに公開本数が激増している一方で、映画館の入場者数はそれほど増えておらず、1作品当たりのパイは小さくなるばかりだ。そのため、人々への周知、すなわち宣伝の重要性が高まっており、その点で知名度の高い原作を持つ作品は優位に立つ。

酷評されても上々の興行成績

 もちろん、当たれば大きいビジネス面でのメリットは言うまでもない。あれほど酷評された『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(15年)でさえ、興行収入は16億8000万円と、邦画のヒットラインとされる10億円をやすやすと超えている。これでも「大コケ」と言われるのだから、日本におけるコミックファンのマーケットは極めて大きい。

 こうしてみると、作り手にとっては、ほとんどメリットばかりであり、次々と漫画が実写化されるのもよくわかる。だから、映画化に適さぬ漫画まで無理して実写化にこぎつけようとする傾向が映画業界にあることも否定できないだろう。

コメディー、音楽ものなどには良作も

 そうした商業主義による粗製乱造ともいうべき状況がファンの反発を生んでいるわけだが、それでも中には成功例と呼べる良作もある。

 例えば、興収40億3000万円を記録し、大ヒットとなった矢沢あい原作『NANA』(05年)。宮崎あおいと中島美嘉が主演した本作は、原作ファンの評価も高く、作品の質も高かった。これは、ヒロイン2人を中心とした人間ドラマであり、演じた2人の演技力と見た目の再現度が高かったことが最大の理由と言える。また、ミュージシャンを目指す大崎ナナ役の中島が自ら歌った主題歌「GLAMOROUS SKY」など楽曲の出来がすこぶる良く、漫画では表現できない「音」を原作以上の見せ場とできたことも大きい。

 若杉公徳原作『デトロイト・メタル・シティ』(08年)も同様に音楽の見せ場が多い実写化作品で、やはり良作の部類に入るだろう。こちらはコメディー作品でもあるが、笑いというものは意外とローカライズが難しく、洋画より邦画の方が強いジャンルでもある。この点、中原アヤの少女漫画を実写化した『ラブ★コン』(06年)もギャグシーンの切れ味がよく、藤澤恵麻、小池徹平の“身長差カップル”の初々しさも、映像でみると漫画以上にはつらつとキャラ立ちしていた。

 こうしてみると、邦画においては漫画自体のジャンルが実写化の良し悪しを分けるポイントだとわかる。中でも青春ものや人間ドラマ、音楽もの、コメディーといった分野は明らかに成功しやすい。ハリウッドに比べて予算規模が小さい邦画の場合、ファンタジー映画、アクション映画はどうしてもチープになりやすく、実写化の“鬼門”と言える。

http://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20161017-OYT8T50049.html?from=tw

103 COMMENTS

星の白菜

金目当てに人気の漫画実写すればいいってもんじゃないんだよな…
映画会社は「批判されても…」とか、こっちが悪いみたいになってるけど、こっちだって配役とかヒョロヒョロで原作を舐めてるようにしか見えない..(語彙力)

返信する
匿名

最近のジョジョはマジで不調
無料で遊べちまうゲームから空気が変わった

返信する
匿名

こんなの今更専門家が分析せんでもわかりきってるでしょ

返信する
匿名

承太郎や仗助、億泰みたいにイカついキャラを再現なんて無理←だったらやるな、あきらめろ
だから思い切って線の細いイケメン揃えました!←◯すぞ

返信する

オリジナルストーリーの方がいい。チャチなCGと下手な役者じゃ原作に忠実な方がガッカリ感半端ないから。いっそ学園ラブコメでええわ。

返信する
匿名

そういえばスペインだったら現地のムッキムキの役者さんにスタンド役やってもらえるんじゃないか?
承太郎も仗助も虹村兄弟も必要だろ。スタンド用の筋肉役者。

返信する
匿名

どうだかな〜工夫次第でスタンドは表現出来るみたいだけど、なにせ監督はテラフォの三池だからなぁ
ちなみにテラフォが叩かれたのは単にチープな出来だからってだけじゃなく、設定や展開の改悪もあってだからな

返信する
匿名

スタンドは学校の階段に出てきたテケテケみたいな半透明になるんだろ。
昔できたんだから今も出来るって。
ロストテクノロジーでもないだろ、あのぐらい。

返信する
匿名

※89
内容的に必要とされる技術は
仮面ライダー映画には及ばないレベルだろ
ずっとスタンド出しっぱで殴り合うような
謎改変されない限り。

返信する
匿名

実写化期待してる人って「庵野監督のシンゴジラ」を見て期待してる?
ところがどっこい、ジョジョの監督は「テラフォーマーズの三池崇史」です

返信する
匿名

※86
そのご自慢の「現在の技術」とやらがあまりに粗末な出来だからここまで言われてるんだろうが

返信する
匿名

だから前から何回も言われてただろ彼奴ら金さえ入れば批判なんて気にも止めねぇよ

返信する
匿名

気持ちは判るけど
自分から見たら
さぞ滑稽でバカに見えるかも知れんが
観に来た客に物理攻撃。
とかマジで止めてくれよ
(無いとは思いたいが)

そんなことすりゃ
ジョジョファンは
世論の格好の叩きのターゲットになるし
逆にそんなにヤバいのか??
と映画の宣伝にもなりかねん

俺のいつもの心配性の病気なら良いが[喩え不快な思いさせても映画鑑賞を止めてやる!!]
って意志と殺意のみなぎりを
感じる※が散見できたりして
最悪な結末を踏む未来がキそうでちょっと恐いんよ

返信する
匿名

※85
アクション要素もファンタジー要素も
全てが原作のままに見えるようにとか
アホみたいな事考えない限りは
現在の技術で難しいレベルでもない気が。

ぶっちゃけ大半のスタンドは
上半身だけでも済むのに。

返信する
匿名

※82
ジョジョの実写化だけの話をしてるわけでは無いが、無関係な話でもねーだろ
ジャンルとしてはホラーとは言うが、非現実的な人型のヴィジョンがド派手に町を暴れ回るというアクションやファンタジーの要素、つまり邦画の「鬼門」要素があるだろうが

返信する
匿名

三池だからテラフォみたいに役者の舞台挨拶終わったら客は映画見ないでさっさと帰るような役者ファンすら見ない出来にしかならんだろ
でもどこの劇場もガラガラなのに「大ヒット上映中!この勢いを見逃すな!!」とかテレビで嘘っぱちCMしてたもんな
ジョジョも名前くらいしか知らない輩が見て「すげーつまんなかった」言われまくるぜ

返信する
匿名

実写化とか観にいくのは元々のファンではなくて
「原作読んだことないけどタイトル聞いたことある」ってぐらいの人が
「出演者がテレビでたくさん宣伝して話題になってる」ってぐらいの感覚で
軽くお金を落として行くのかもしれない

返信する
匿名

なんか勘違いしてる人多いけど
このコラム別に今回のジョジョ映画の
話してるわけじゃないからな。

特に低予算って話も出てないし
ジョジョ4部はジャンルとしてはホラーだからな。

返信する
匿名

というか声優でもない奴らがドラララ、オラオラいうんだろ?声優でさえあんな苦労してるのによー考えただけで寒気するわ

返信する
名無しのジョジョ好き

ビジネスなんだから稼ぎを第一に考えるのは当然なんだけどな
パトロンでもいて金を出してくれるってんなら制作サイドは「良質なもの」だけをつくっていればいい。
しかし、現実はそうではない。
だからこういう事がおこりえる。
ビジネスである以上、
「名作」で売れないものと
「駄作」でも売れるものなら後者が制作される。
市場原理はかえられないんだから駄作の不買運動をしてもなにもかわらない。
本当にどうにかしたいなら人々が名作を観るようになれば必然的に駄作は淘汰されていく。

返信する
名無しのジョジョ好き

実写が来年の夏だというのならそれに便乗してアニメ4部の夏休み再放送とか、アニメ特別篇の放送とかないかな?
ファンとしても凄く気が紛れると思うんだけど。

返信する
匿名

※75
山崎賢人には役作りに全身全霊で挑んでくれるのなら批判しないよ
仕事ってのはそういうもんだし、それを怠ったら批判されても仕方ないしな

全員が全員ではないだろうけど、それだったら映画でそうでないこと見せつけないとだめだわ。日本の映画のほぼほぼがそれを見せつける気が無いようにしか見えないし

返信する
名無しのジョジョ好き

ジョジョを企画した時点である程度の成績が保証されているというのなら、三作くらいなら平気で作れるという事なのかな?
寄生獣とか最初から2本予定されていたというのも納得だけど、てことはいくらコケようがジョジョの実写第二章はすでに確定なのかな?

返信する
※70

まあ実写化ってのはこんなもんだとはわかるが。
実写化を過去に失敗させた三池はともかく、山崎賢人を批判してる奴はなんなんだ?

しかもこの映画評論家の言う事がアテになるかもわからんし、
映画監督が全員が全員「実写化は失敗してもOK」と考えてるとは思えんぞ。
実際、成功作もあるわけだし。

返信する
名無しのジョジョ好き

予算が少ないから年内でパパっと撮る訳か。
そりゃチープにもなるわな。
だからといって進撃の巨人より大コケとか言われたら腹立たしくなる気はする。
「ジョジョ」と名の付くものに失敗作はあってはならないんだよ。

返信する
匿名

記事にもある通り、批判なんて何のダメージにもならない
金を出さない以外の反撃など無い

返信する
匿名

見なきゃ批判できないって奴も本当に迷惑だからやめてくれよ

返信する
匿名

本人が書けないとしているものを更に要求するのはさすがに酷やで
とことんまで追求したくなる気分なのは分かるが

何もかもカネに目が眩んだ作品を作る人間の風上にも置けない連中のせいよ

返信する
匿名

どんな駄作でも、酷評されても、それでも儲かるなら実写化するわなwクソが

返信する
匿名

※64
そう言われても具体的にどこを仗助っぽいって思ったのかを書かないと結局意味不明なままなんだが、それは理解できるか?

返信する
※55

※62
まあ今回の映画にほとんど期待出来ないのは事実だけど、
最低限でも原作に理解があるなら
長身ハーフを起用したりはしないだろうと思うよ。

原作に忠実であることと原作リスペクトは
全くの別物だしね。

返信する
匿名

進撃は「意外と」
CGは近年日本もいけるんじゃないか、と
山崎は知らないんだけど会見みたら仗助っぽいキャラだと感じたよ

返信する
匿名

進撃は意外と良かった???
CGも心配していない???
山崎賢人が仗助っぽい???

なんだこいつは、並行世界から来たのか?それともスタンド攻撃の一種か?

返信する
匿名

※55
原作者が自分の作品に無頓着な分にはファンは腹を立てんよ
そういう人だと解ってるから

実写化その他メディアミックスでファンが激昂するのは
そこにリスペクトも敬意も愛情もなく
金儲けの手段として原作を踏みにじってくるからだよ

返信する
匿名

実は個人的には原作改変は結構
ただテンポとか間とかがおかしいと下手だらな、と感じて冷める
テラフォーマーズは駄目だったけど進撃は意外と良かった
CGも心配してないし、期待してる
山崎は知らなかったけど仗助っぽいかも
リーゼントをジョニースエードのブラピのように誇りを持って演じてほい

返信する
名無し

※55
忘れてないよ。
先生本人が、ジョナサンにシーザーバンダナ巻いたり、リサリサに星アザ描いてるぐらい過去に頓着がない…。

返信する
匿名

そして「別物になってもしょうがないじゃん」って発言も毎回あるが、「だったらオリジナルでやったらいいじゃん」って話なんだよな
いや分かってるよ?「ジョジョ」っていう「宣伝文句」、「ブランド」だけが欲しいんでしょ?それに「お断りだ」って言ってんだよ

返信する
匿名

三章構想だとしても玉美、間田、音石、ジョセフ、赤ちゃん、トニオ、ネズミ、ミキタカ、ジャンケン小僧、スーパーフライ、チープトリックあたりは削られるだろう

しげちーもカット

写真の親父&二本目の矢もカットで、人気の噴上、エニグマもカット

act1は形兆戦あたりで発動、露伴宅を訪ねるのは康一のみ、形兆戦で矢は回収

はずさないのは露伴、れいみ、シンデレラ、むかでや戦、しのぶ、早人

しげちーカットに伴いゆかこが代わりに吉良に殺められる

こんな感じで別物になるなら、あらかじめ序盤にパラレルワールドを暗示するアイデアを入れて欲しい

映画化に伴う改変ではなく平行世界的な、、

返信する
匿名

映画化ならアニメでしろよ
昔ファントムブラッドの映画も失敗したけどあれもいわゆる人選ミスだったわけじゃん。あの失敗を生かしてまたアニメ映画作るのなんて容易じゃん。なぜ実写化に走ったのか。せっかくジョジョのアニメがどんどん出てきて映画化ワンチャン、って思ったのにこんなのあんまりだ

返信する
匿名

ひとつ、実写化の話が出てから
ずっと気になってたんだが

仮に他ならぬ作者本人に100%納得のいく映画を作らせたとして、
むしろ元の4部とは似ても似つかないものを
嬉々として「自信作です^_^」と言いそうな人だということを
何故みんな忘れているのだろうか。

返信する
匿名

ジョジョでも短編の、岸辺露伴は動かないとかデッドマンズQなら実写化も合いそうなんだけどなぁ…

返信する
匿名

そんなスタンスだから庵野とか新開みたいなアニメ畑の人たちに蹂躙されるんじゃない、邦画界

返信する
匿名

ファンにとっては大事な作品も、映画関係者にとっては金儲けの消耗品なんだろーね。
出版社も本の売り上げが限界だから実写化でタレントにしか興味ない連中から金引っ張るしかないんだろう。
最近アニメ映画もヒットしてんだから面白いものなら観に行くし円盤も買うのに。
まあジョジョの場合映画にするエピソードがあんまりないけど。

返信する
匿名

和田慎二(1993年)
『映画はね 見せて泣かせて笑わせて 感動させていくら…の世界よ
 撮っていくら…なんてこと口走るような映画の作り方してるから
 平気でレベルの低いものを送りだすのよっ』

ゆうきまさみ
・ほんとうーに日本映画はどこに行ってしまうんでしょうねえ?(1987年)
・10年近くたった今でも、どこにも行ってない。困ったもんだ。
・20年近くたってみると、どこかには行きそうな感じである。(2003年)

金儲けの方向に行った模様
さすが自作映画化の先人たちはは先見の明があった

返信する
匿名

なんで譲歩してる奴がいるんだ
役者がムキムキに鍛えればいいってもんじゃないぞ
まあそもそも役者に鍛えさせるという発想が出るほどの脳が残ってるなら実写化なんて判断はないけど

返信する
匿名

見に行ったらいろんな所から苦笑が聞こえてきてその場にいられなくなりそう。

返信する
匿名

仮に売れたらキャストや監督のおかげ、売れなかったらそもそもジョジョが面白くないってことにするんやろな。絵に描いたような会社の糞上司みたいなこと実際にするのか。

返信する
匿名

まあ小栗旬のルパン並みにコケてくれれば、続編は阻止できるかな

実写吉良もキラークイーンも絶対みたくない

返信する
匿名

「作品の出来や評価はどうでも良い、カネさえ手に入ればどうでも良い」ってことだろ
だ・か・ら、「こんな奴ら」にジョジョを名乗って欲しくないって言ったのに、あろうことかそんな原作厨を罵り、「こんな奴ら」を擁護した心優しい連中が居ましたね…

返信する

「実写は漫画と違う表現になるけど許してね!
漫画通りに作るなんて人間が演じてる以上無理なんだから!」
←まあわかる

「だから駄作でもいいよね!」
←ハア????????

返信する
匿名

この山崎なんとかはデスノートで見たけどジャニーズみたいなイケメン感がなんか無理だったわ。ごり押しで実写化を食い物にしてる感じがして嫌い。鈴木亮平みたいにストイックに肉体改造とかするくらいに真剣にやってくれる人に演じてほしい。

返信する
匿名

俳優陣がヒュージャックマンとかクリスチャンベイル並に肉体改造するってんなら見るけどどうせやらねえだろ知ってるよ

返信する
匿名

ブログやTwitterでこの話題に触れること自体が、宣伝になっちゃってるわけね。
今この瞬間も。

返信する
匿名

実写化してしまった以上どうすることも出来ないから、せめてきちんとした映画を作って欲しい。でも、自分が一番気にしてるのは映画のせいでジョジョ自体を面白くないって叩くアンチが増えるってことが何より嫌だ

返信する
匿名

まー実写は好きにやってもらってもいいわ
ジョジョの映像作品なんてどれも原作とかけ離れたキャラデザで違和感しかないからな、一部は劇場版もアニメ版も酷かったなぁ

返信する
匿名

観ないと批評できない派や、クソ実写でも原作を知るきっかけになる派は
これでもカネ落としちゃうんだろうなあホイホイと
チョロイ

返信する
匿名

たとえ実写化が酷評でもマスコミは「ジョジョの実写化は面白くなかった」ではなくて「ジョジョは面白くなかった」って報道するから原作ファンは損しかしないんだよな。
んで実写化スタッフは金が貰える、なるほど

返信する
匿名

監督「バイクシーンの予算が足りないお…せや!」

仗助「よし、露伴のバイクでハイウェイスターから逃げるぜ。いや、やっぱり今日は体調がいいからジョギングで逃げよう」

返信する
匿名

結局、「金が貰えればジョジョじゃくても良かった」ってことか、スタッフにジョジョ愛なんて少しも無かったんだな

返信する
匿名

そもそも本気で取り組む気がねーからな
百歩譲って低予算なのは邦画の宿命なのかもしれんが、それに合わせた脚本やら演出、音楽、何より原作をリスペクトする人選は出来るだろ
強引に枠に収めたブツ切りのストーリー踏襲と、クソみたいなCGでお茶を濁して終わりってんだから、ファンが憤りを感じない方がおかしいでしょ
大体ハリウッドでさえ、わざわざ有名漫画の版権を取得した後、演者や技術的な問題で塩漬けになってるケースが多いってのにさ
その数倍も劣る邦画側が、適当な代物で楽に稼ごうって魂胆が卑しいわ

返信する
匿名

アニメのおかげで話題性が高くなってるところに実写化をぶち込むことで宣伝費削減、初動で十分な利益がでるって感じ?
なんにせよくたばれ

返信する
匿名

コンテンツってのは疲弊するんだよ
どんなにいい物でも露出を増やし過ぎれば飽きられもするしアンチも湧く
おまけに下手な露出が増えると「どうせまた宣伝目的のクソ企画なんだろ」ってな具合にユーザーが警戒して、
コンテンツ全体に対しての消費が鈍くなる可能性すらある
それを無視して目先の集金目的だけでコンテンツを食い潰すようなことをするから俺は怒ってんだよ
既存のコンテンツを使うなら、将来に掘り返されてまた話題を作れる物にしないとコンテンツ全体の寿命を縮めて終わりになる

返信する
匿名

集客出来るなら気合入れてどこに出しても恥ずかしくない名作作れよ
少なくともその努力をしてくれよって思う。
現状のやり方はヘイト集めるだけやん

返信する
匿名

「簡単に集客して収益が見込めます」大いに結構。
何故大体が原作軽視のクソになるのかその一点よ、

返信する
匿名

ぶっちゃけた話、
別にキャストがキャラに似てないのはどうでもいいよ。
そして何よりジョジョは4部に限っては
ファンタジーやアクションというジャンルじゃない。
日常のすぐ側にある人の内面の奇妙さを描いた物語だ。

「原作の見た目」にこだわるなんて
どんなにクオリティ上げたとしても
とても原作4部の良さを再現したとは言えねぇよ。

返信する
匿名

それでジョジョの看板で製作費はどれだけ集まったの?
本当に儲かるのかこれ?

返信する
匿名

ジョジョのアニメ映画化でも無かった事にされるレベルで失敗してるし
実写が酷評されても大目に見てやれよ

返信する
匿名

ジョジョ実写映画化反対の署名運動してますよ。
署名運動で実写映画化が取り消されるかはわかりませんが、自分は意思表明のために署名しました。

URL載せられないみたいなので、検索してください。
change.orgってとこでやってます。

返信する
匿名

なぜ作られるのかなんて集金できるからに決まってるだろ
というかそれ以外の目的で映画作るかよ

返信する
匿名

映画資金が製作じゃなくてアニメ製作委員会にいくなら喜んでいくわ。

返信する
匿名

コメディは当たり、ってことは
コスプレバラエティとして見ろや、ってことかい承太郎

返信する
匿名

ファンはATMじゃないんだから金落とすかわりに厳しくて当たり前だろ

返信する
ななし

別にどうでもいい。
実写化作品はファンの方なんて向いていないのが当たり前なんだし。ファンは目が厳しい上に大してお金を使ってくれない。
原作の宣伝か、イケメン俳優でJCJKで動員稼げれば成功なんだよ。
もし見るなら、映画は別物と切り離して見るべきだよ。どれだけ似ているかを比べるものではない。三丁目の夕日なんて別物なのに評価された。

ハリウッド映画も原作を解体してから映画作りを始めるから、よく原作設定を無視する。オールユーニードイズキルやドラゴンボールがまさしくそう。

返信する
匿名

ファンを舐めてるとしか言いようがない
絶対見に行かねえ

返信する
匿名

マジふざけんな。
それでも星を眺め続けてた囚人に謝れ。
実写化好きでジョジョの俺に謝れ。
無茶苦茶なこと言ってるってわかってるけど謝れ。

返信する
匿名

だからみんな興味本位でも見に行くのやめようよ。
入場者ゼロになるようにみんなで協力しようよ。

返信する
匿名

洋画は準備期間も肉体改造なんかの準備にかける金も半端ない
三池組は低予算でパパッと早撮りだし主演俳優は観光気分丸出しのツイートしてるし真面目にやる気なんかないよ
こなすだけ。

返信する
匿名

見に行かねえけど責任は感じて欲しいわ。仗助、億、承太郎の人はプロテイン飲みながら肉体改造して欲しい。トムハーディだってインセプションのヒョロヒョロから肉体改造してダークナイトの筋肉ダルマになったんだからあんな感じで頑張って欲しい

返信する
匿名

実写化映画はいつもそうだよね
誰も見なきゃいいだけなんだけど

返信する
匿名

駄作出す気満々でもはや草も生えないし怒りを通り越して呆れすら感じる

返信する
匿名

批判するのに見に行っちゃうおバカがいるから収入があるんだよ
この破壊活動は止まらないわけだ

返信する
匿名

「酷評されても」か、なんだかなあ…
同人じゃないんだから商売として成り立つことは大切ってことは理解するよ
でも「いいものを見た」とお客に思ってもらう事はエンタメの源泉だよ
酷評されてもいいっていうのはどうもなあ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。