僕の白鳥/保木本佳子×野中和紀(読み切り)の感想・反応まとめ|「ダメなんだ…ジャンプラで白鳥はダメなんだ…」「名前のせいでイジられてるけど普通にいい作品だったよ」

僕の白鳥の表紙

保木本佳子(原作)さんと野中和紀(作画)さんの読み切り作品「僕の白鳥」が7月1日に公開されました。

この記事では5ch・Twitter・コメント欄での感想や反応をまとめています。

この読み切り作品は上記の埋め込み、もしくはこちらのリンクから無料で読むことが出来ます。

少年の心を奪った「白鳥の湖」を踊るオデット。憧れは日増しに強くなるが、その壁は高く…。生き方を問う、新時代青春読切…!!

ジャンプ+|僕の白鳥

5chの感想・反応

名無しさん
剥き出しなギャグかと思ったらホモやったわ
名無しさん
露出しない白鳥載ってて草
名無しさん
読切タイトルでみんなの第一印象定まり過ぎてるの草
名無しさん
ジャンプラ民にとって「白鳥」の持つ意味合いは一般のそれと違うからな
名無しさん
タイトルに白鳥って付けた時点で
ジャンプラ読者の大半は剥き出しのやつ思い出すだろ
絶対わざとだ
名無しさん
読み切りきつい
原作者女か
女ってLGBT描く時男主役にしたがるよね
LGBT盾にホモ描きたいだけなのバレバレ
名無しさん
いやまじで辟易してる
コレが少年漫画か…
本当に漫画として面白いと思って作ってんのか……
名無しさん
掲載するサイトを分けようぜ
乙女版と少年版と
名無しさん
LGBT出すとバズって閲覧上がる傾向だからなんだろうけど
そんなに女読者釣りたいんかね?
名無しさん
そう考えて掲載してるんだろうが今回のは伸びそうにないな
名無しさん
読み切りは絵の雰囲気とか題材的に
志村貴子に影響受けてるっぽい感じだな
名無しさん
作画の人の前作これだから合わせてるだけでは
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156637428571

原作の人は先週のアンデルセンの原作の人の姉で演劇畑の人らしい
この前はりぼんでも読切の原作やってるっぽいけど

http://khokimoto.blogspot.com/?m=1

内容はなんかシーンをむりやりねじ込んでいるように感じる
ダイジェストっぽいっていうか
名無しさん
作画が頑張って原作に合わせたんだな
表現の幅は広がったけど作品としてはミスマッチかなあ
もっといい原作があったと思う
もったいない
名無しさん
ジェンダーじゃなくて変人よりだからイマイチ読者の食いつき悪いのかね
難しいわ
名無しさん
読みきりはLGBTとは違うんじゃね?
まあ女向けって感じではあるが
名無しさん
またホモ読切りかと思ったら女装癖だけで良かった
名無しさん
読み切りのおかげで剥き出しが再評価される流れにはワロタ
名無しさん
白鳥というとジャンプラではもうアレだからなぁ
ただこの読み切りは漫画としても読みづらかった
人物関係の説明を省きすぎてるし突然出てくるホモのおっさんの必要性もわからない
題材はいいと思うんだけど性の話以前に漫画としてもう少し自然な流れにして欲しい

レスに多く名前が挙がっていた「白鳥」とは「剥き出しの白鳥」というギャグマンガです。

主人公が校内を服を脱いで徘徊するというインパクトの大きい作品だったのでどうしてもこっちが思い出されちゃいましたね!

またレスにあった作画担当の野中和紀さんが過去にジャンプ+に載せた読み切り作品はこちらです。

野中和紀さんは他にも読み切りを書いていますので気になった方は補足・ニュースの項目へどうぞ。

参考 担当作品一覧脚本家 保木本佳子

原作担当の保木本佳子さんはリンク先の担当作品を見てみると主に舞台の脚本を書いている方のようです。

Twitterの感想・反応

作者の保木本佳子(原作)さんと担当編集の林士平さんが更新通知を行いました。

作者・担当編集

Twitter

読者

Twitter

剥き出しの方の記憶とLGBTを絡ませた複雑さと「知ってるよ」おじさんのインパクトでなんか気持ちがゴチャついてしまった感はある!

コメント欄の感想・反応

脱がない方の白鳥

いつ下半身出すのかとソワソワしちゃったぜ

ダメなんだ…ジャンプラで白鳥はダメなんだ…

名前のせいでイジられてるけど普通にいい作品だったよ

なかなかインパクトがあってよかった

男が好きでも女が好きでもない

興奮してた=好きではないって考え方はいいね

一本筋が通っていて良い作品だった

でも「知ってるよ」おじさんは爽やかすぎてちょっと面白い

凄く良い作品だった

主人公もあの女子もダンサーとして成功したんだね

劇場でも勃ってしまうのかとハラハラして股間ばかり見てしまったが

いい作品だったのは間違いない

男が女性的な美しさを求めるのはゲイであることとは別の話なんだけどね

ゲイを受け入れるのが正しい的な今の盲目的な考え方は

無意味な混乱を生み出してると元ビジュアル系のおじさんは思うわけですよ

時代のせいかこういう話増えたね

ジャンルに幅が出ることはいいことだ

ニュース・補足

野中和紀さんの過去作を調べてみたところ「それでも恋するムカデちゃん」の他にジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー)に読み切りが3作ありましたのでこちらにリンクを掲載。

作者の野中和紀さんの過去作

上から「MAGIC HAND(まじっくはんど)」「フランケンシスターコンプレックス」「ゴールデンギターヒーロー」が収録されています。

急ぎでまとめたので抜けがあったらすみません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。