グッドバイ・アンデルセン<前編>/廣瀬ゆい×保木本真也(読み切り)の感想・反応まとめ|「これジャンプ…?」「ストーリーもよく練られていたしクラシックファン冥利に尽きます!」

廣瀬ゆい(作画)さんと保木本真也(原作)さんの読み切り作品「グッドバイ・アンデルセン」の前編が6月19日に公開されました。

この記事では5ch・Twitter・コメント欄での感想や反応をまとめています。

この読み切り作品は上記の埋め込み、もしくはこちらのリンクから無料で読むことが出来ます。

アンデルセンとメンデルスゾーン。二人の天才が織りなす、巨弾歴史恋物語読切!

ジャンプ+|グッドバイ・アンデルセン

5chの感想・反応

名無しさん
読み切りなげえなあと思ったらまさかの前編
名無しさん
読み切りつまらなくはないが
なっげーなオイ
まだ後編もあるのかよ
名無しさん
読切りまだ続くのかよお腹いっぱいなんだが
名無しさん
ワンダーラビットガールの人じゃん
名無しさん
読み切り実話とか書いてるけど本当なのか?
いや流石にワンラビの作者だから面白かったけど
名無しさん
これ創作じゃなくて実話なんだ
じゃあ内容知ってる人はもう知ってるんだね
名無しさん
実話っていうか実在の人物と伝記を元にした創作だろ
名無しさん
読み切りは原作者ドラマの脚本家か
漫画原作もちょくちょくやってるみたいだが
名無しさん
ホモの次は近親か
ジャンプラ編集性癖ゆがみすぎだろ
名無しさん
イケメンが恋してたのは妻でも歌姫でも姉でもなく
アンデルセンだったというホモ落ちかもしれんぞ
名無しさん
マジでその流れがくるかとビクビクしながら読んでたわww
名無しさん
読み切り凄いなあ
基本的に女性向けだと思うけど色っぽさを感じる絵も漫画っぽい面白さもあるし
ただもうふわあ…って感じで読んでた

レスにあった廣瀬ゆい(作画担当)さんの過去作『ワンダーラビットガール』はこちら。

ジャンプSQで2015年から連載し全7巻で完結。結構ぶっ飛んだ下ネタギャグだった記憶があるのでこの読み切りはギャップに驚きました!

また原作担当の保木本真也さんの過去作についてはニュース・補足の項目に書いてありますので気になった方はそちらにどうぞ。

Twitterの感想・反応

作者の廣瀬ゆい(作画担当)さんと担当編集の林士平さんが更新通知を行いました。

作者・担当編集

Twitter

読者

Twitter

個人的には今のところ『マンガで読む○○』シリーズみたいだなって感じです…ハイ!

コメント欄の感想・反応

これジャンプ…?

ヤンジャンとかSQのような儚い感じの絵とストーリーだなあ

僕は大好きです

メンデルスゾーンとアンデルセンとジェニー・リンドがメインの漫画

あまりにも待望だったから感激しすぎて鳥肌が立ちました!

ストーリーもよく練られていたしクラシックファン冥利に尽きます!

ジェニー・リンドってグレイテスト・ショーマンに出てきた歌手かな…?

それにしても絵が綺麗で丁寧で凄い漫画だ

どういうこと…?と思ったらまだ前編だった

胸の谷間を見ている間に一話終わった…

絵が綺麗すぎて…引き込まれてすぐ見てしまいました

『ワンダーラビットガール』描いてた人とは思えない方向転換でビビる

前作のアホっぷりも大好きだったけどこういうこじれたのもめっちゃ好き

ハンスが可哀想…いやそうでもないか?

ほぼストーカーだしなコイツ

全員実在した人なんですよね!このまま行くと後半では…

ネタバレはさておき中世の町並みが細かく描かれていて凄く綺麗でした!

後半も期待してます!

ニュース・補足

作者の保木本真也さんの過去作を調べてみたところ、COMICOに連載がありましたのでこちらにリンクを掲載。

作者の保木本真也(原作)さんの過去作

参考 読んじゃいけないCOMICO

保木本真也さんはマンガの原作よりドラマや舞台の脚本家としての仕事が多いみたいですね!最新の担当ドラマは『ランウェイ24』とのことです!

また以前ジャンプ+で読み切りを書いたはくりさんの漫画「幸色のワンルーム」ドラマ版の全ての脚本も担当していた模様。

はくりさんが以前ジャンプ+に載せた読み切り作品の感想・反応記事はこちら。

なんて情けない僕らだ。の表紙 なんて情けない僕らだ。/はくり(読み切り)の感想・反応まとめ|「最後にコメント欄で語るのセンスの塊」「これぞ青春って感じで爽やかな絵で読後感もよかった」

所属会社のプロフィールには俳優としての活躍も載っていたりとかなり多才な方みたいですね!

次回(後編)の更新は<6月27日> です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。