鬼滅の刃伊黒と甘露寺は両想い?一目惚して文通や靴下のプレゼントで仲良くなった?

鬼滅の刃伊黒と甘露寺は両想い?一目惚して文通や靴下のプレゼントで仲良くなった?
Pocket
LINEで送る

鬼滅の刃に登場する蛇柱・伊黒小芭内と恋柱・甘露寺蜜璃。

ふたりのやりとりはとても微笑ましく、物語の中では癒やしとなっていますね。

鬼滅の刃のファンの間では、「おばみつ」と呼ばれているふたり。

じつはふたりは仲がよく、文通をしたり靴下をプレゼントするなどの交流があるんです。

端から見ればふたりは両思いのカップルにしか見えませんよね!

ふたりの仲は伊黒が甘露寺に一目惚れするところから始まっています。

今回は「鬼滅の刃伊黒と甘露寺は両想い?一目惚して文通や靴下のプレゼントで仲良くなった?」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃伊黒小芭内と甘露寺蜜璃は両想い?「おばみつ」の馴れ初めを紹介!

「おばみつ」の馴れ初めはいったいどのようなものだったのでしょうか?

出会った経緯や仲良くなったきっかけをご紹介していきます。

 

伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の馴れ初めは?

鬼を嫌い、ネチネチした性格とされている蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ おばない)。

素敵な殿方と巡り会うため鬼殺隊に入隊したという甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)。

二人は鬼殺隊に入隊し出会いました。

伊黒小芭内はその生い立ちから、女性に恐怖や嫌悪感を抱いていました。

もちろん、鬼殺隊の女性隊士のことも苦手。

しかしある日、甘露寺蜜璃に話しかけられたことで伊黒小芭内の世界は変わります。

何気ない会話から二人の仲が始まったのですね!

 

伊黒小芭内が炭治郎に嫉妬

本編では柱合会議の後、しばらく登場がなかった伊黒小芭内。

遊郭編の続きとなる柱稽古編にて再登場。

甘露寺蜜璃からの手紙で、炭治郎と親睦を深めていたことを知ります。

そのことで炭治郎に嫉妬したのでしょうか?

伊黒小芭内の稽古は、炭治郎に対して特に当たりがきつい様子でした。

柱稽古が終了し、炭治郎に話しかけた伊黒小芭内。

「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」とはっきりと釘を刺していましたね。

 

甘露寺蜜璃は伊黒小芭内をどう思ってる?

甘露寺蜜璃も伊黒小芭内のことを好ましく思っていたようです。

柱合会議編では、伊黒小芭内に対してときめいているような発言(心の声)もありましたね。

しかし、柱合会議のときは他の柱に対してもキュンとする、と感じている様子。

伊黒小芭内に対しては「ネチネチしてて蛇みたい」と好印象なのかどうかもよくわからない印象でしたね。

このときはまだ、お互いを特別な存在として捉えているのかは定かではありませんでした。

 

伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の公式設定は?

公式としては「おばみつ」はどのような設定なのでしょうか?

二人は鬼殺隊の仲間であり、一緒にご飯を食べたり、話をしたりする仲でした。

文通もしていて、二人はかなり仲良しだった様子です。

鬼滅の刃で二人が両思いと確定したのは最終決戦の最中でした。

これまでお互いをどう思っているのかをはっきりと告げることはなかった甘露寺蜜璃と伊黒小芭内。

言葉にはしなかったものの、ずっと相思相愛だったのです。

最終決戦で死に瀕した甘露寺蜜璃は、伊黒小芭内への思いを告げました。

「私伊黒さんが好き。伊黒さんと食べるご飯がいちばん美味しい」

「また人間に生まれ変われたら、私のことお嫁さんにしてくれる?」

伊黒もそれに応え、これまで伝えることのなかった自らの思いを告げます。

「勿論だ。君が俺でいいと言ってくれるなら。絶対に君を幸せにする。」

大正時代での二人の描写はこれが最後でしたね。

思いが通じ合ったものの、二人は戦いの中で命を落としてしまいました。

しかし鬼滅の刃の最終話には、「おばみつ」の姿も!

時は巡り、生き残った鬼殺隊の子孫たちが青春を送っている現代の話。

その中で、メガ盛りメニューで知られる、とある定食屋が登場します。

蛇の置物が置かれた食堂を切り盛りする夫婦。

夫はマスク姿で厨房に立ち、妻は笑顔でてんこ盛りの料理を運んでいます。

その夫婦は、現代に生まれ変わった伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の二人でした。

さらに最終巻のおまけにて、夫婦の間には5人の子供がいることも新たに明かされています。

現代では二人で幸せになれてよかったです!

 

鬼滅の刃伊黒小芭内が甘露寺蜜璃に一目惚れ!文通したり靴下を贈っていた?

おばみつの仲は伊黒小芭内による一目惚れから始まっていたんですね。

文通をしていたり、靴下をプレゼントしていたなんて話も耳にします。

では、詳しくみていきましょう!

 

鬼滅の刃伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に一目惚れした?

鬼殺隊に入隊し出会った二人。

初対面では甘露寺蜜璃から伊黒小芭内に話しかけています。

そして初対面とは思えないほどに自分の家族や飼い猫について楽しそうに語ります。

甘露寺蜜璃の明るさや素直さ、優しさが伊黒小芭内にとっては眩しく感じられたのです。

のちに、自分が生まれてから見た何よりも美しく感じたと言っています。

このとき、伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に一目惚れしたんですね。

 

鬼滅の刃伊黒小芭内と甘露寺蜜璃は文通をして仲良くなった?

公式ファンブックにはお互いの印象について描かれています。

甘露寺蜜璃からみた伊黒小芭内の印象は好印象なものばかりでした。

凄く優しい人!

手紙の文章が素敵!

いっぱい褒めてくれる!

私が食べるの遅くてもニコニコして待っててくれる!

文通していることから、たくさんの会話を交わしてきたと考えられます。

甘露寺蜜璃は優しくしてくれる伊黒小芭内が大好きだったようです。

 

鬼滅の刃伊黒小芭内が甘露寺蜜璃に靴下をプレゼントした?

甘露寺蜜璃が履いている丈の長い靴下。

かわいくて印象的ですよね!

甘露寺蜜璃の靴下は、じつは伊黒小芭内からの贈り物なのです。

髪の色に合っていて、きちんと考えて選んでくれた感じがしますよね。

お互いに多忙な合間を縫って贈り物や文通していたりと、本当に仲がよかったんですね!

 

鬼滅の刃伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の関係に関するツイッターの反応は?

 

鬼滅の刃伊黒と甘露寺まとめ

今回は鬼滅の刃の伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の関係について紹介しました。

蛇柱・伊黒小芭内と恋柱・甘露寺蜜璃として鬼狩りに明け暮れる日々。

少しでも穏やかな時間や年相応に人生を楽しむ瞬間があってよかったですね!

他人に興味なさそうな伊黒が甘露寺に一目惚れだったのは意外でした。

初登場の印象からは文通するイメージもまったくわきませんよね!

伊黒が甘露寺に靴下をプレゼントしていたことにも驚きました。

二人のお互いに対する印象を見るとしっかり両思いですよね。

ファンの思い込みではなく、しっかり両思いの「おばみつ」でした!

今後放送が予定されている続編にも二人は登場します。

ぜひ、「おばみつ」のやりとりにも注目してみてください!

以上「鬼滅の刃伊黒と甘露寺は両想い?一目惚して文通や靴下のプレゼントで仲良くなった?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。