鬼滅の刃遊郭編の上弦の鬼を紹介!登場シーンや名前を画像付きで解説

鬼滅の刃遊郭編の上弦の鬼を紹介!登場シーンや名前を画像付きで解説

2021年にアニメ2期の放送を控える『鬼滅の刃』。

アニメ2期では原作漫画9巻~11巻にあたる「遊郭編」がメインで描かれ、劇場版アニメ『鬼滅の刃』無限列車編の続編となります。

キービジュアルには音柱である宇髄天元が描かれましたが、敵である鬼は誰が登場するのか気になりますよね。

下弦の鬼は累が殺された時に無惨によって全滅しましたので、上弦の鬼が出てくるのでしょう。

そこで、どんな鬼が出てくるのか気になっている人のために、遊郭編に登場する上弦の鬼を紹介したいと思います。

名前や登場シーンを画像付きで一覧解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

今回は「鬼滅の刃遊郭編の上弦の鬼を紹介!登場シーンや名前を画像付きで解説」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼を紹介!

それでは『鬼滅の刃』遊郭編に登場する上弦の鬼を紹介したいと思います。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼紹介|そもそも上弦の鬼とは?

そもそも上弦の鬼とは一体何なのでしょうか?

上弦の鬼は、無惨から大量の血を与えられた、他とは一線を画す鬼のこと。

その戦闘力は鬼殺隊の柱3人分ほどで、ここ100年ほどは誰も上弦の鬼を破ることが出来ずにいました。

下弦の鬼との最たる違いはその強さですが、目に刻まれる文字も異なります。

下弦の鬼は片目にしか数字が刻まれませんが、上弦の鬼は両目に数字が刻まれます。

また、下弦の鬼と同じように壱から陸までの序列が存在し、一番強いのが上弦の壱となります。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼紹介|遊郭編で登場するのは上弦の陸

『鬼滅の刃』遊郭編では、上弦の陸が登場します。

陸なので、上弦の鬼の中では最弱。

しかし、今までの鬼と異なるのが、2人で一体の鬼という点です。

上弦の陸は、堕姫という美しい女の鬼と、妓夫太郎という醜い男の鬼の兄妹が担っていたのです。

かつて死にかけた際、当時上弦の陸だった童磨の目に留まった堕姫と妓夫太郎。

童磨は2人に血を与え、無惨のもとへ連れていきます。

その後、鬼になった堕姫と妓夫太郎は吉原遊郭に潜み、多くの人間を喰らうことに。

普段は堕姫が花魁に扮して人間を攫い、妓夫太郎は戦闘時にしか姿を現しません。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼の登場シーンや名前を画像付きで紹介

ここからは上弦の陸、堕姫と妓夫太郎について詳しく紹介していきます。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼「堕姫」を紹介

上弦の陸の片割れである堕姫は、美しく気の強い女の鬼です。

その美しさは無惨も認めるほどですが、気に入らないことがあるとヒステリックに暴れるので、周囲からは腫れもののように扱われることも……

普段は京極屋の蕨姫花魁として行動していますが、その裏では多くの遊女を喰らい、力を蓄えています。

堕姫は100年ほど遊郭に潜んでおり、10年ごとに顔や年齢、店を変えて遊女をしてきました。

その間に堕姫が倒した柱は7人。

帯を用いた血気術で人間を閉じ込めますが、実際に食べるのは、自分が美しいと認めた者だけ。

自分の存在がバレそうになった時や、自分の行動を邪魔するものは容赦なく殺しますが、全員を食べていたわけではないようです。

ちなみに堕姫の声優については『鬼滅の刃の堕姫の声優予想!沢城みゆきとの声が多数だが他の候補は?』をご覧ください。

 

鬼滅の刃遊郭編堕姫の登場シーン|花魁バージョン

普段は京極屋の蕨姫花魁として行動しています。

その美貌は気の弱い男性なら失神してしまうほど。

 

鬼滅の刃遊郭編堕姫の登場シーン|鬼バージョン

正体を現した堕姫は左目に「上弦」、右目に「陸」の文字が刻まれています。

また、右額と左頬に浮き出る紋様は、その妖艶さに拍車をかけているように見えますね。

 

鬼滅の刃遊郭編堕姫の登場シーン|人間だったころ

人間だったころの堕姫は、梅という名前でした。

このころから目を引く美貌だったことが分かりますね。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼「妓夫太郎」を紹介

堕姫の兄である妓夫太郎は、普段は堕姫の体の中に隠れています。

しかし、戦闘などの有事の際は姿を現し、自身の血を鎌に変える血気術『血鎌』で戦います。

ちなみに2人で上弦の陸を担っていますが、実力的には妓夫太郎の方が真の上弦の陸。

その強さは下弦の壱や堕姫(倒した柱は7人)よりも遥かに上で、これまで15人もの柱を葬ってきました。

堕姫に比べると醜い容姿をしており、髪はぼさぼさ、目は血走り、あばらが出るほど痩せています。

妓夫太郎本人も自分が醜いことを自覚しており、宇髄天元と戦った際は、宇髄の美しさに嫉妬していました。

ちなみに妓夫太郎の声優については『鬼滅の刃の妓夫太郎の声優予想!声を務めるのは山口勝平?』をご覧ください。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼妓夫太郎の登場シーン

普段は堕姫の体内に隠れている妓夫太郎ですが、有事の際は姿を現します。

初めて登場した時は、堕姫の背中から腰のあたりから出現しました。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼に関するツイッターの声を紹介

『鬼滅の刃』遊郭編に登場する上弦の鬼、堕姫と妓夫太郎に関するツイッターの声を紹介します。

 

鬼滅の刃遊郭編上弦の鬼まとめ

ということで、『鬼滅の刃』遊郭編に登場する上弦の鬼、堕姫と妓夫太郎の登場シーン一覧や名前を画像付きで紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

上弦の陸である堕姫と妓夫太郎は、2人で一体の鬼ということに驚いた人もいるようです。

また、堕姫と妓夫太郎の関係性は炭治郎と禰豆子の対比となっており、いい意味で人間味を感じられるとの意見も。

多くの人が心待ちにしている『鬼滅の刃』アニメ2期遊郭編。

今から放送が楽しみで仕方ありませんね!

以上「鬼滅の刃遊郭編の上弦の鬼を紹介!登場シーンや名前を画像付きで解説」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。