【ジョジョ】ディアボロが母親を生き埋めにしたのはどういう事なの‥?

183_3


701愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 06:44:43.80 ID:???
さんざん議論されてるんだろうけど、ドッピオあるいはディアボロが母親生き埋めにしてた理由がほんとわからん

母親に面会くらいしたことはあるのかもしれないけど、そのときに憎しみを抱いたのか
閉じ込めておきたいほどの歪んだ愛情なら神父に見つかったくらいでころさんよなー
神父だけころせばいいんだし

荒木が説明しないかぎり正解は出ないんだけどね
ただボスの異常性を出したいってだけで因果なしに描くことはないと思うから
吉良の裏設定みたいに、設定はあるけどあえて描かなかったってだけだよな
まー荒木にも愛情なのか憎しみなのかよくわからないっていうならあり得るけどw


702愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 07:44:43.87 ID:???
憎しみ+支配欲の表れかと思っていた
殺してしまったら終わるけど、生き埋めで生かしておけば、相手を生かすも殺すも自分次第

703愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 08:23:34.65 ID:???
ドッピオもボスもすげービビりだからな
あんなすぐ足つきそうな教会に埋めとくなんてよっぽどの思い入れがなければしなさそう
愛情にせよ憎しみにせよどうしても自分のそばに置いておきたかったんだろうな

704愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 10:16:19.95 ID:???
娘に対しては即抹殺だけど母親に対しては
歪んだ愛情も少しありそうだな

705愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 12:45:31.95 ID:???
母親は父親の病死以外になんと証言したんだろう
彼女には誰も信じない父親像があった…怖すぎる

708愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 14:17:21.03 ID:???
二重人格なんだしどっちかが母親殺そうとして
もう一方は止めようとした結果の生き埋めかもしれない

744愛蔵版名無しさん[sage]:2013/06/15(土) 22:35:55.56 ID:???
>>708
その発想はなかったわ
連載後これだけ経ってるのにまだまだ予想外の推論出るもんだな


http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1369406266/

80 COMMENTS

名無しのジョジョ好き

それが二重人格の怖い所。身体はひとつだけど人格は完全に別々だからな。ドッピオがディアボロに忠実な部下になる前だろうからドッピオを操ることもできてないだろうし、自分でもなにやってるかわけわかんなくなってたんじゃないの?

返信する
名無しのジョジョ好き

ディアボロがやたら過去が追ってくるとかいってるのは映画マグノリアが元ネタだろうし(カエルが降ってくるシーンもある)基本何かから影響受けてそのまま設定に取り入れてるだけだろうけどその具合がうまいんだよな

返信する
名無しのジョジョ好き

場違いかも知れんがドッピオとトリッシュママが激甘ラブラブおねショタデート(ペアルックとか)んで里親の神父に目撃されて顔から火が出るほど恥ずかしくなって村燃やすそんな絵を誰か描いてくれ

返信する
名無しのジョジョ好き

ディアボロが二年間腹にいたのはディアボロの母親のスタンド能力が無意識に発動したためということを思い付いたがだから何だよって話だった。

返信する
名無しのジョジョ好き

考察すげー久しぶりにわくわくしたわ苗字も謎だしとかホント裏設定多そうだなボスヒロヒコは好きキャラランキングでドッピオ&ディアボロで3位にあげたりしてるから結構過去は練られてると思う少年漫画だったから敵がかわいそうなのはだめっていう法則で設定をだすことができなかったんだろうなそれはそうと、おかんをうめたのはドッピオ&ディアボロとして、村に火をつけたのはもしかして神父かもね信じていた息子が実の母を生き埋めにするような猟奇的事件を起こしていたら自分の体裁も合わせて考えると・・・気が狂ってもおかしくない気がする

返信する
名無しのジョジョ好き

ドッピオが主人格だった説を推してみる

返信する
名無しのジョジョ好き

少年期の臆病で鈍臭いけどさっぱりした性格とか、元の人格は優しくていい奴なんだよどっかで母親が犯罪者とか父無しの出生が漏れたんだろうそれでからかわれたり馬鹿にされる度に、攻撃的で過去を克服するものと見るディアボロの人格が生まれてったと母親を殺しきれなかったのは、村を焼くまで人格の主従が決まってなかったのに賛成しかし、イエスの懐胎が神聖視されるのと反対に、ドッピオのそれは薄気味悪いものと思われたんだろうな〜悪魔っていう名前も対照的で面白い

返信する
名無しのジョジョ好き

今のディアボロとドッピオの逆が昔の二重人格の関係じゃないかな。ディアボロは「私のかわいいドッピオ」って言ってるし、ドッピオの保護者(父親)の様なところがある。つまり最初の主人格が自分の父親を想像してつくった人格が今のディアボロなんじゃない。乗っ取ったんじゃなく神父に追求され追い詰められた主人格の人格が死んでしまった為、ディアボロが復讐として神父を殺し、その後村を焼き払った。

返信する
̵̾���Υ��祸�繥��

※72  「せめぎあっていた」という話。それは非常にありえる話だと思う。多重人格者によくあるのは、ひとつの人格に支配されそうになる恐怖感や葛藤らしいから。二重人格性は母親を捉えた時点からあったとは思うけど、やはり、それがハッキリと二重人格として区分されて主従関係になってしまったのが神父目撃&村焼きの所なんだろうね。バレていない時点では1人格で恐怖や葛藤を抱えながら、それでも制御出来ていたはず。あ、ちなみに俺68です。

返信する
名無しのジョジョ好き

生き埋め・・・最初は空気がなく、次第に息がなくなって窒息死・・・怖いな・・・

返信する
名無しのジョジョ好き

あの時点では「ディアボロ」って名前の主人格(後のドッピオ)と「ドッピオ」と呼ばれてた邪悪な人格(後のディアボロ)がせめぎ合ってたんじゃないかなそれがあの事件を契機にもう本当にどうしようもなくなって主従が逆転した執拗に過去や素性を消すことに固執するボスがわざわざ本名のディアボロを名乗るのは、それが主人格を屈服させた証でもあるからそう考えると「ぼくの名はドッピオ(二重)」ってサブタイも感慨深い全く根拠とか無いがね

返信する
名無しのジョジョ好き

考えれば考えるほど謎が深まるボス。こういう方面のネタなら歓迎だな

返信する
名無しのジョジョ好き

※10現在の主人格はディアボロ元は不明だがディアボロは生来の名前でもある乗っ取りが無かったとは言えないが

返信する
名無しのジョジョ好き

いっそ母親を生き埋めたのは神父だった説

返信する
̵̾���Υ��祸�繥��

※65ども、62です。母親への仕打ちについてだけど、ディアボロは「犯罪者の子ども」という恥ずかしい出生の秘密が漏れることを恐れてのソレだと思う。そのためにわざわざ母親の口を縫い付ける。せっかく皆から無意識に尊敬される立場である「神父職」の家に引き取られたのに、それでは意味が無いからね。なので、ディアボロはある意味、神父である養父の存在やその家庭に居る自分に「存在価値」や誇りを持っていたんだと思う。また、本来なら母親を殺せば済む話なんだけど、当時のディアボロは、神父の養子に誇りを持っていたと仮定すれば「神に背く人殺しは出来ない」と考えて「生かしながら証拠隠滅」を考えた結果が生き埋めという方法だったような気がする。子どもの頃の思考だから、生き埋めが殺害よりも残虐であることが分からなかったんだと思う。そもそも1か100かみたいな思考だから、殺人は×、それ以外は○みたいな安直さもあるだろうし。家の床下に隠した理由も、エロ本原理と同じで、より近い場所に隠すほうが安全だ(安心できる)と考える心理だね。まあ、結局、一番バレたくない神父にバレたことでプッツン来て皆殺し。神父だけ行方不明にしたところで、小さな村の行方不明事件ならおいおいバレるからね。それなら村ごと証拠隠滅ということじゃないかな。「学んだ」というのはその通りで、隠す労力や後始末を考えれば殺すほうが確実だと学んだのだと思うし、コントロールの必要性もこのとき認識したと思う。ただし、ディアボロの行うコントロールは、ディオのように客観的に自分を見つめて制御する通常のコントロール法ではなく、もうひとつの人格を産んで、自分に足らないモノをもうひとつの人格で補うっていう方法じゃないかな。自分が異常であると自覚していたら、多重人格にはならないと思うので。異常な行動するのはもうひとりの自分のせい、ってやつ。

返信する
名無しのジョジョ好き

ラスボス連中はだいたい生まれながらの性分が悪な連中だからな平和に神父に育てられながらも自分でも知らないヤバい本性も成長してたんだと思うんで、ある時「電話がかかってきた」んでは敵としてのボスは合理的な犯罪者的な感じにまとまっちゃってるけど名前からして悪魔的なキャラ性なんだし

返信する
名無しのジョジョ好き

>59うお 難しいな 病気のレベルから考えるとそうなんだろうなふと思った 既出の考えかもしれんけど母親に対しての異常な仕打ちの結末から憎しみから出たのか愛情からなのかわからんがあの母親へのしうちを楽しんで(?)しまったことでそれは神父に「ばれる」という面倒なことにつながり,かえって一連のことをもみ消すのが大がかりになってしまった。ディアボロは学んだんじゃなかな?こういう趣向はばれると後始末が面倒だと異常性をもっとコントロールしないとという風に特に自分の過去,素性にまつわる事柄は自分の異常性を抑えて対処しないといけないことをだからトリッシュにはああだったんかなと思ったディオも少年期に自分の感情面を欠点と考えもっとコントロールしなければと認識していたし吉良も自分の癖を認めつつ,それをコントロールしながらみたそうとしてたその辺りこの3人は共通するのかな

返信する
名無しのジョジョ好き

※37本題には全く関係ないけど、何かが起こった時イタリア人「マンマ・ミーア!」(お母さん!)アメリカ人「オーマイガッ!」(神様!)って叫ぶ、つまりイタリア人にとって母は神よりも強し、って考察があったな

返信する
名無しのジョジョ好き

イタリア、特にマフィアなどの犯罪組織の多い南部では、「家族主義」といって家族の繋がりが非常に強いというのを講義で学んだで、5部読めば分かるように犯罪組織に入るのは家族に見捨てられた者彼らにはよりどころがない代わりに組織が帰るべき場所団結は強い集団をファミリーなんて呼んだりするのもその影響かと思っているボスは何がしたかったんだ?金稼いだって使ってる様子ないし裏で世界を支配したかったのかもしれないしかし組織に救われた人間もおり…長々すまん5部はほんとに考えさせられる…

返信する
̵̾���Υ��祸�繥��

ディアボロはとにかく、自分にとって不都合な事実(過去)は露見させたくないんだよ、何がなんでも。逆に言えば「自分を認めてほしい感情が強過ぎる」からこそ、他人には決して失態を見せたくないわけで、そういう意味で神父に育てられたのは逆効果になったんだろう。他人から見て恥ずかしい人間であってはならないという過剰なプレッシャーが彼をああさせた。境界性人格障害や多重人格っていうのは、幼い頃の母子関係に原因(精神的自立心の欠落)があるという説が有力で、つまり、「成長してゆく自分」という存在を認めてもらえない状態で育つと、自我が曖昧なまま成長していってしまい、物事をスプリッティング(2分割)でしか見れないようになってしまうという。例えば、仲の良かった友人A君にいじめれたとして「良い友人A君と悪い友人A君」が存在していると考える。自分のなかでも「良い自分と悪い自分」がいると考える。物事も「白か黒か」か「ゼロか100か」しかない思考。悪い自分を無くすには「悪い自分を自分の中から切り離す」しかないわけで、そうやって人格が分裂するし、さらに、母体の自分が「良い自分」ならば、自分以外の人間は「悪い人間」であるため、身に起こる失敗や失態も自分以外のせいにするわけだ。

返信する
名無しのジョジョ好き

関係無いけど最初5部読んだ時から思ってたんだが、占い師やタクシーの運ちゃんに迫られたときドッピオの言動が気になった。勿論ボスの正体に気づかれそうになったのもあるが、それ以外に色々ありそうな気がして。例えば神父にそういった虐待を受けててトラウマで二重人格になったとか。

返信する
名無しのはーとさん

生まれたときから人のよさそうな神父に育てられて、どうしてあそこまで歪んだんだろ出生の秘密を知ったとき?何らかの形で母親が接触してきたのかもしれない苛められていた?でも娘いるんだから、彼女もいただろう何をそこまで隠したかったんだろうどうして見られただけですべて燃やさなきゃいけなかったんだろう

返信する
名無しのジョジョ好き

ディアボロが神父さんの息子と考えるなら清らかに生きなければイケないと考えながらそれを根底から崩す隠し事をしている神父さんの性格や過去の事実がディアボロに大きな影響を与えたのかな※29さんのおかげで理解を深められたありがとう

返信する
名無しのジョジョ好き

※29父親代わりの神父さんが母親が収容されている刑務所に出入りしていた描写はないよ母親の故郷で神父をしていたって描写があるだけと思ったけど実際のイタリアのサルディニア島の北部のアジナーラ島にマフィアやテロリストを収容する刑務所が有ったらしいこの刑務所をモデルにしているのなら地理的に近いあの神父さんがその刑務所に通っていたと考える事もできるね

返信する
名無しのジョジョ好き

当時海外ドラマ「ミレニアム」で同じシーンがあったなぁ(ドラゴンタトゥじゃなくてランス・ヘンリクセン主演のヤツね)やっぱ異常性の表現として取り入れたんじゃないかと動機は不明瞭で答えが無くても、十分異常さは伝わったな

返信する
名無しのジョジョ好き

ドッピオ主人格説も、この時の過去のディアボロ評(抜けてるがさっぱりとした性格のヤツ)から来てるんだよな。あんな短い間にホント色々詰まったエピだわ。

返信する
名無しさん

ディアボロとドッピオて。どっちがメインの人格なんだろうねぇ。やっぱり子供の頃に虐待を受けて。それを補う為に生まれたのが、ディアボロという残虐非道な人格で。「過去を消し去りたい」という欲求を表す役割なのだろうか。う~ん。なかなかこの議論は面白い。

返信する
 

最初はもっと人格があったけど、最後に残ったのがドッピオとディアボロだと思ってた

返信する
名無しのジョジョ好き

単に母親への執着と孤独にした恨みだと思った。

返信する
名無しのジョジョ好き

※51そういえば母親も口縫われてたな。ソルベへの陰惨な刑戮といい、ボスは隠蔽や秘匿は得意で熱心だけど偏執的なサディズムもそこに混じってる気がする。人の上に立つとだけでなく、人を踏みにじるのも好きなんだろう。

返信する
名無しのジョジョ好き

すっげぇ納得できることを夢で思いついたんだが、忘れてしまったよ ここに書いてあることじゃないことだけはわかるんだが 靴ひもで口を縫われた少年が出てきた気がするが 思い出せん

返信する
名無しのジョジョ好き

「ドッピオが生まれつきいた」という前提が大きく通用することに驚愕を禁じえない俺。幼少時うんぬんっていうのは一般的な多重人格の生まれるケースの話であって、俺的にはドッピオはむしろ組織を作る前後あたりから意図的に生んだ人格だと思っている。「過去は真の幸福をががんじがらめにする」「恐怖とは過去からやってくる」などのセリフから、ディアボロが帝王としての尊大さと同等以上に、過去そのものに対して忌避があるのは明白。父親が知れず、母親も犯罪歴がある。生まれた子に罪はないと言えど社会はそういう人間に冷たい。そんな環境に自分を産み落とした、つまり「己の原初の過去」にそういう苦境を押し付けた親に対し強い憎悪があったんだと思う。そして「自分は決してそうならない。忌まわしい過去はもちろん、そうなり得る苦境なども一切相手にしない」というディアボロの基本を身につけたんじゃないかと。母親を生かしておいたのは「殺して、死体や殺害の証拠が見つかる」という可能性への対策。ドッピオは自分の存在自身を社会から隠蔽する為に生み出した隠れみの。あくまでディアボロが基本・自己中心であり、ドッピオが良心の体現だったなどとは思わない。そんな感じで読んでいる。※42なんだっけ。ソリッド=ナーゾが母親を孕ませて、成長した胎児に人格を移動させて生まれ直し、元のナーゾは姿をくらまして始末させたとかそんなんだったか。

返信する
名無しの二重人格

自分の過去を母親という物として支配したかったんじゃない?

返信する
名無しのジョジョ好き

ドッピオが元々の主人格だろうという印象だったので、ドッピオが少年なのは村を焼き払い過去を捨てたときディアボロに完全に飲み込まれこちら側の人格の成長が止まったからだと思ってた。

返信する
名無しのジョジョ好き

ドッピオもキレやすい場面が沢山描かれていたし、本質的に狂暴さを内包していたということかな?やはり2人の人格は同じ所から派生したんだね

返信する
名無しのジョジョ好き

はっきり明言されてたっけそれそう思わされているだけかもな

返信する
名無しのジョジョ好き

※33勘違いしてるようだけど主人格はディアボロだよ

返信する
風吹けバナナ氏

ディアボロってもったいないキャラだよなブチャラティを半殺しにする場面は凄くカッコ良かったのに、要所要所でしか出てこないし、ラストバトルは追いかけっこだし、いまいちキャラクター像がわかりにくかった。その点6部はプッチの話が多かったからラスボスとして凄い魅力的に見えたわ。

返信する
名無しのジョジョ好き

あのエピソードは「ボスは何もかもが理解不能な存在」ということをこれでもかと示していて、それだけに魅力的だなあ。出産時のエピにも面白い考察してた人いたね、ボス人体実験の産物説とか。

返信する
名無しのジョジョ好き

※39ディアボロが殺そうとしたのをドッピオがこっそり生かしてるっていうのはどうかなんー無いか最近ボススレがいっぱいでうれしいような…妬けるような

返信する
ぴこぴこ名無しさん

米38俺もドッピオがやったんだと思うボスに対する以上な忠誠心とかその出来事から生まれたんじゃないかと

返信する
名無しのジョジョ好き

※28ドッピオとディアボロの他に「ブチギレドッピオ」とも言うべきさらに危険な人格が存在するのかもしれないな

返信する
名無しのジョジョ好き

イタリア人ってマザコン多いんだってな

返信する
名無しのジョジョ好き

二重人格なんだしどっちかが母親殺そうとしてもう一方は止めようとした結果の生き埋めかもしれないうぉおおおこの考察面白過ぎw

返信する
̵̾���Υ��祸�繥��

ディアボロは「人をがんじがらめにするのは過去」と発言した様子からも、過去という事柄に関しては執拗なまでに加重をを置いた考え方するのでね。ようは、人を良くするのも悪くするのも過去の影響。物事が上手くいかないのも過去のせい。決して現在の自分が悪いわけではない(結局みんな他人のせい)というニートみたいな思考だよ。なので、不都合な過去を無かったことにすれば、その後の人生が確実に上手くいくと思ってる。だから自分の素姓がバレる可能性を持つトリッシュという実子を持った過去も無かったことにしたい。不都合なキャリアは必要ないから、そういう経過は消し飛ばしてやりたい(=キンクリ)。不都合な過去のわずかな痕跡すら決して残そうとしない。母親の生き埋めに関しては、母親の存在が不都合だと考えながらも、そこを抹消してしまえば「自分が生まれたことさえ否定してまうことになる」ので、ああいった生き埋めという所作に落ち着いたんだと思った。自分の足元に置くことで、とことん隠し通せるものだと思っていたんじゃないかな。

返信する
名無しのジョジョ好き

母親埋めた時にディアボロっていう人格が確立したんじゃないかな。内気な少年が自分の中の異常な部分に耐えきれなくなって生み出した、自分を常に大切にして叱咤激励してくれる超クールで残酷なギャングスター。それがディアボロ。トリッシュの母ちゃんに手を出したのもドッピオの「ボスならあんな女余裕でモノにできますよね」みたいな期待に応えだけかもしれない。

返信する
名無しのジョジョ好き

二重人格といえばジキルとハイドだし人格だけでなく体つきまで変わるのも漫画だからいいと思うが・・・5部は主人公チームの過去設定もいろいろで面白いボスはキンクリ能力考察より断然こっちの考察のが面白いね

返信する
名無しのジョジョ好き

なんかドッピオって不安定なとこちょいちょいあったよな。まあディアボロがはみ出てただけかな?とか思ってるけど、リゾット戦の「やかましいッ!ひーひーこれからおびえるのは てめーの方だぜッ!」の表情とか変わり様はゾワッと来た、と同時にこの台詞が名言でもないのに結構好きだwwww

返信する
名無しのジョジョ好き

スタンドが本体の性格を反映してる事を考えると、ディアボロは「未来の事を知りたい」「でも自分に都合の悪い事は無かった事にしたい」って心理が働いているから、この心理を作り出したのが母親の影響だとすると「母親がこれから先に自分にどんな言動行動するのか知りたい(母親の言動行動が予測不能で突如DQNな行動してビクビクしてる生活をしていた?)」「母親が自分にした都合の悪い事は無かった事にしたい(虐待とかする悪い母親はいらない。良い部分の母親だけ欲しい)」って感じで、自分を虐待する癇癪持ちの悪い母親部分はいらないけど、たまに優しく接してくれる良い母親部分は必要とするとかそんな感じで結果生き埋めを選択する事になったんじゃないかなディアボロが2重人格である事が遺伝的な物ならば母親も2重人格で良い人格と悪い人格の2つを持っていたのかも知れん

返信する
名無しのジョジョ好き

母親も気になるが父親も気になるどう考えても神父しかいないだろって感じだがというか神父が目撃したデートの相手がトリッシュの母親だったのな。気付かなかった

返信する
名無しのジョジョ好き

※2いや待て、ドッピオはドッピオでキレたらボス並みに異常じゃないか?リゾットと戦ってたのは半分キレドッピオだったろうし

返信する
名無しのジョジョ好き

そんなどうでもいいこと考えたこともなかったよ

返信する
名無しのジョジョ好き

ジョルノの父親が吸血鬼のようにボスの父親は柱の一族だと思ってる個人的に。 カエル食ったり、縫い物が得意だったりボスの謎が全て説明できる多重人格で骨格まで変わったり トリッシュの能力が柔らか性能だったり母親を埋めたのは地下への帰巣本能

返信する
名無しのジョジョ好き

荒木が最近聞いたエピソードを漫画に描きたかっただけ臭がプンプンするぜ

返信する
名無しのジョジョ好き

>>17考察学の世界には「インテンショナル・ファラシー」って言葉があってだな。作者が意図したものがすべてと断定すると、文学も映画も考察しきれなかったりするんだよ。深層意識、時代の流れ、メタファー、それらは意図していなくても結果としてなんらかの形を帯びることがある。まあ断定できない「どうでもとれるもの」というそのものとして楽しむのも面白いんだが。

返信する
名無しのジョジョ好き

たぶん荒木は特に理由なんて考えてないと思う不気味さを出したかっただけだろうな

返信する
名無しのジョジョ好き

そんなことより、ディアボロがトリッシュ母とどんなつもりででデートしてたのかが気になる。

返信する
名無しのジョジョ好き

※17いや、そんなことは皆わかってるだろwここでは敢えて考えてみようってだけで。漫画のキャラなんてそんなものじゃないか。ディアボロが恋人を作ったのも、人の心があったからなんだろうなぁ

返信する
名無しのジョジョ好き

※13体格まで変わる人はいないけど、痛みを感じなかったり、力が強くなったりすることはある基本的に元と正反対の人格が現れるそれを大げさに分かりやすく表したのがアレなんじゃないか?

返信する
名無しのジョジョ好き

ぶっちゃけた話荒木はそこまで深く考えてないスタンド能力でもなんでもなく大人と子供の姿になれる時点でディアボロの設定なんて無茶苦茶その場の思い付きでひらめいた程度の設定

返信する
名無しのジョジョ好き

「愛」と「憎しみ」両方を母親に抱いているけど、そういう複雑な気持ちと向き合わずに消し去ってしまった(埋めてしまった)ってことだと思った。過去を消し去ることに固執する性格や、キンクリの能力、二重人格者であることから判断するに。

返信する
MG名無しさん

ドッピオってそんな深いキャラじゃねーだろブロリーでも見て思いついたんじゃねーの?あ、お前らキモいからレスしなくていいよw

返信する
名無しのジョジョ好き

いや、ジョジョに於いてはドッピオがもう一つの人格か。ディアボロは最初懐がでかいキャラかと思ってたw

返信する
名無しのジョジョ好き

実際に二重人格で身体まで変わる人っているの?

返信する
名無しのジョジョ好き

※6やって来たかwww ボスってところどころ考察できるいいキャラだよなw

返信する
名無しのジョジョ好き

もとがドッピオなら子供がいるってどういうことだろう

返信する
名無しのジョジョ好き

ドッピオがもともとの人格なんだよね?2重人格って凶暴な面がトラウマやらで生まれるんだっけかな。

返信する
̵̾���Υ��祸�繥��

これは気になってたな生き埋めにしておくとかあまりにもディアボロらしくないしでもドッピオと考えればわからなくもないか

返信する
名無しのジョジョ好き

多分最初は贖罪の言葉を待っていたけど出てくる言葉に耐え切れなくなって口を塗ったんじゃないかな娘には思い入れはないと思う親も息子には興味が無かったことを繰り返しているということに気づいていない

返信する
名無しのジョジョ好き

オレはずっと2つの人格のせめぎ合いか続いていたんだと思ってるよ。ディアボロとドッピオは同位人格で母親を発見されたのが引き金になってディアボロが上位になって村を焼くって結果になったんだろうと。

返信する
名無しのボス好き

※1な。嬉しい限りだ。まぁ、母親生き埋めはボスの異常性を表す深いエピソードだよね。荒木さんがあんまり深く描かなかったから逆に考察の余地があるっていう。単純に殺したのではなく、生き埋めっていうのが。しかも口も塞がれて。やっぱり、鬱屈した精神をしてたんだろう。でも、いつ生き埋めにしたのかは分からないけど、このときってまだ臆病な性格だったんだよね。つまり子供のときから今のボスの精神もあったわけ?考えるほど不思議だ

返信する
名無しのジョジョ好き

最後の面白いな。作中ではドッピオはディアボロに干渉出来ないけどまだ不安定な頃があったのかもって想像させるね。

返信する
名無しのジョジョ好き

ディアボロとドッピオはジョジョの中でもずば抜けて異質だから普通の人間の尺度で考えちゃいけない気がするけどいろいろ考察したくなるもんだね

返信する
名無しのジョジョ好き

やったのはディアボロだろうね。ドッピオはヘタレだろうけどディアボロは違うんじゃない?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。