アニメ

鬼滅の刃映画無限列車編のネタバレあらすじを紹介!漫画では何巻の何話内容?

鬼滅の刃映画無限列車編のネタバレあらすじを紹介!漫画では何巻の何話内容?

アニメ放送で爆発的に人気が上がり、今では漫画の売り上げも凄まじい鬼滅の刃。

ついに映画が2020年10月16日に公開と発表されました。

アニメが2019年9月までだったので、約1年ぶりの新作ですね。

公開が待ち遠しいという方も大勢いるのではないでしょうか?

そして気になるのが内容ですよね?

無限列車編がどのようなものになるか、あらすじやネタバレ、漫画では何巻何話の話なのを紹介します。

今回は「鬼滅の刃映画無限列車編のネタバレあらすじを紹介!漫画では何巻の何話内容?」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃映画無限列車編は漫画では何巻何話の話?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が公開されましたが、原作漫画では何巻何話の話で構成されているのでしょうか?

上映前に見返したい人もいると思うので、何巻何話の話になるのか紹介していきます。

 

漫画の何巻に収録?

鬼滅の刃アニメ1期では、無限列車に乗ったところで終わりました。

原作漫画でいうと、ちょうど7巻の54話で終わったことになります。

そのため映画の内容は7巻の途中からで8巻までです。

映画公開前に復習しようと思ったら7、8巻を読みましょう。

 

漫画の何話から何話の話?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は、原作漫画だと7巻54話から8巻69話までの内容で構成されています。

炭治郎が、煉獄杏寿郎の死を煉獄家に知らせに行くシーンで終了ということになります。

もし、映画を見に行く前に漫画を読み返すなら、7巻54話から8巻69話を読み返すと良いでしょう。

 

鬼滅の刃映画無限列車編のあらすじは?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のあらすじをご紹介します。

吾峠呼世晴原作によるアニメ「鬼滅の刃」の劇場版作品です。

テレビアニメの最終話は、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが映画の舞台となる無限列車に乗り込むシーンで終了しています。

ここまででテレビアニメ「竈門炭治郎 立志編」の物語が幕を閉じました。

そして劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は、テレビアニメの最終話の続きとなる物語。

炭治郎たちが乗り込んだ無限列車が舞台となっており、炭治郎たちの新たなる任務が描かれています。

那田蜘蛛山編のあと、蝶屋敷での治療と訓練を終えた炭治郎たちは。

次なる任務の地へ向かい、無限列車に乗り込みます。

無限列車では、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっていたのです。

禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行。

鬼殺隊最強の剣士である柱のひとり、炎柱・煉獄杏寿郎と無限列車の中で合流します。

闇夜を進んでいく無限列車。

行方不明になった人々の救出のため、炭治郎たちが鬼に立ち向かう物語となっています。

 

鬼滅の刃映画無限列車編のネタバレ

漫画の内容のネタバレなので注意してください。

映画の内容と漫画では多少は違ってくるかもしれませんが、漫画ではどうだったのか紹介します。

 

炭治郎たちは煉獄杏寿郎と合流

炭治郎が煉獄と同じ任務に就いたのは、炎柱である煉獄に、ヒノカミ神楽、日の呼吸のことを教えてもらうためでした。

無限列車に乗り炭治郎は煉獄と合流し、火の呼吸、ヒノカミ神楽について知っていることを聞こうとするも、煉獄は知らないと一蹴。

しかし煉獄が炭治郎に自分の継子となったら面倒を見ると言ってくれます。

そして、炭治郎の日輪刀の色が黒色であることを聞き、それは難しいと言います。

今まで黒い日輪刀の剣士が柱になった前例がないため、どの呼吸を極めればいいのかわからないようです。

 

下弦の壱の魘夢

列車の中に鬼が出たことで、煉獄がすぐさま動き、斬り伏せます。

しかしこれは皆が夢を見ているだけということでした。

この夢は下弦の壱の魘夢による血鬼術で、炭治郎もまた夢を見せられていました。

その夢は、死んでしまった家族と一緒に暮らしているという、炭治郎の願う幸せそのもの。

夢の中では、無惨に家族を殺されたことが夢という認識のようです。

この夢には終わりがあり、その終わりの時にその人の精神を壊すと廃人となります。

煉獄はその精神を壊そうとされているところで、命の危険を本能で察知し、寝ながらも防ぎます。

善逸は禰豆子と楽しそうに会話している夢、伊之助は子分を従え洞窟探検隊になっている夢を見ていました。

 

炭治郎が夢から抜け出すのに苦戦

禰豆子が炭治郎を起こそうと頭突きするも、石頭のため禰豆子のおでこからボタボタと血が出てぽろぽろと涙が溢れます。

最終的に全然起きてくれず怒って爆血により燃やします。

そのことで禰豆子の血のにおいを感じ、夢の中の炭治郎は自分の状況を把握します。

夢と現実の区別がついたのか昔の姿ではなく、鬼殺隊の制服に戻っていました。

母葵枝がその姿を見てどうしたのか聞きます。

ここにずっといたい、このころに戻りたいと思いますが、家から飛び出て現実に戻ろうとしますが、六太が置いていかないでと引き留めます。

ですが、現実に戻るためその誘惑を振り切り、夢から抜け出すために自分の命を絶つことを思いつきます。

本当に死んでしまったらという恐怖もありますが、思い切って刀で自分の首を切ります。

すると自分が死んだことで夢から覚めます。

夢で自殺しましたが、現実では生きていることにホッとし、周りに乗っていた乗客も起こそうと試みます。

しかし、乗客は誰も起きませんが、操られている人々が襲ってきます。

炭治郎はそれらの人々を気絶させて、列車の屋根へと向かうのでした。

 

魘夢との戦い

魘夢は炭治郎を再び夢の中へ引きこみますが、夢の中で死ねば夢から覚められることを知っているため、夢の中に入ったところですぐさま自害します。

戦いながら夢に入って自害、目覚めるという繰り返しです。

そんな戦いの末に炭治郎が魘夢の首を切りますが、無限列車と一体化していて首を切っても殺せませんでした。

列車に一体化しているため、本体の首が列車のどこかにあるのではとなり、本体を探します。

炭治郎は伊之助と一緒に本体を探しだし、首を斬り落とすことで殺せました。

 

上弦の猗窩座が登場

戦いで負傷した炭治郎に煉獄は呼吸の仕方を教えます。

全集中常中でさらに集中して精度を上げ、体全体の神経をいきわたらせるように言います。

言われた通りに集中して呼吸をすると傷が治っていきました。

その時なんと上弦の参の猗窩座が出現し、炭治郎を襲撃。

すかさず煉獄が腕を斬り退けます。

その煉獄の強さを見て猗窩座は鬼になるよう勧めます。

柱である煉獄はすでに強さは至高の領域に近いところまで来ており、鬼になったら、寿命がなくなりさらに上へと行けると言います。

煉獄は老いることも死ぬことも人間の美しさだと言い、当然煉獄は断ります。

猗窩座も鬼にならないのならここで殺すと戦いをはじめます。

 

上弦と柱の戦い

炭治郎が入っていっても邪魔になるくらいハイレベルの戦闘です。

柱の煉獄であっても上弦の参を相手にするのはきつい様子。

猗窩座は煉獄が与えた傷も鬼の力によって直すことできます。

その反対に煉獄は猗窩座の攻撃を受け続けダメージを蓄積させていきます。

煉獄は最後の力を振り絞って猗窩座に挑みますが、煉獄は猗窩座の胸を腕で貫かれます。

しかし煉獄は諦めずに攻撃し、炭治郎と伊之助も続いて攻撃します。

ですが追い詰められ夜明けが近づいているため自分の腕を引きちぎり、退却されてしまいました。

 

煉獄杏寿郎の最期

煉獄は致命傷であることはわかっており、炭治郎に想いを託します。

そして炎柱の手記があり、そこに日の呼吸、ヒノカミ神楽についての記述がある可能性を言います。

そして禰豆子を信じて鬼殺隊の一員であることを認めてくれます。

また煉獄の父と弟に向けての遺言を炭治郎に伝えます。

そして煉獄は母親のことを思い出しながら息を引き取っていくのでした。

その後、炭治郎は煉獄家へ杏寿郎の死を伝え、遺品を渡します。

杏寿郎の弟・千寿郎は悲しみますが、父・槇寿郎は悪態をつくばかり。

しかし、やはり子を失うのはつらいようで、一人になった時に泣いてしまうのでした。

炎柱の手記はもうぼろぼろで、はっきりと読むことができず、炭治郎はヒノカミ神楽について知ることはできず…。

しかし、杏寿郎の想いを背負い、ヒノカミ神楽をマスターし、杏寿郎のような柱になることを決意するのでした。

 

鬼滅の刃映画無限列車編まとめ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のあらすじをネタバレしましたが、いかがでしたでしょうか?

鬼滅の刃の映画無限列車編の公開日が発表されて、早く見たいとなっている方も多いと思います。

原作の漫画やアニメを観直す機会ですので、漫画の7、8巻の54話から69話あたりを読んでみてはいかがですか?

映画公開前に漫画を見直す、またはアニメを最初から観るのもありです。

今回の映画の話は鬼滅の刃の話の中でも、とても悲しい話です。

しかしこの事件があったために炭治郎は成長していったので、ここは節目となる大事な話です。

映画は普通本編とは関係なかったりするのですが、がっつりアニメの続きなので、今回の映画は必見ですね。

以上「鬼滅の刃映画無限列車編のネタバレあらすじを紹介!漫画では何巻の何話内容?」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。