アニメ

鬼滅の刃遊郭編の最後やその後をネタバレ紹介!次の話は刀鍛冶の里編?

鬼滅の刃遊郭編の最後やその後をネタバレ紹介!次の話は刀鍛冶の里編?

鬼滅の刃 遊郭編が、全国フジテレビ系列で毎週日曜日23時15分より、放送することが公式サイトから発表されましたね。

そこで、気になるのは鬼滅の刃 遊郭編の最後やその後の話。

鬼滅の刃 遊郭編はどんな最後を迎えるのでしょうか。

そして、登場人物たちはその後はどうなって、次の話へと進むのか。

ネット上で、鬼滅の刃 遊郭編の次のエピソードは刀鍛冶の里編になるのかと、一部で話題になっています。

気になる人のために、鬼滅の刃 遊郭編の最後とその後のネタバレと、次の話は刀鍛冶の里編になるのか徹底調査しました!

今回は「鬼滅の刃遊郭編の最後やその後をネタバレ紹介!次の話は刀鍛冶の里編?」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃遊郭編の最後やその後をネタバレ紹介!

それでは、鬼滅の刃 遊郭編の最後やその後はどうなるのか紹介していきます。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

鬼滅の刃遊郭編の最後をネタバレ紹介!

鬼滅の刃11巻93話から97話までのネタバレを紹介します。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:炭治郎たちの激闘

なかなか、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に斬ることができない炭治郎たち。

胸を刺された伊之助や、倒れている宇髄を気にする炭治郎に、堕姫の攻撃が容赦無く襲います。

ですが、善逸が炭治郎を庇って攻撃を受け、2人とも崩れた屋根の瓦礫の中へ。

気絶してしまった炭治郎は、仲間や禰豆子に謝ります。

すると、目の前に禰豆子が現れて「謝ったりしないで、お兄ちゃんならわかってよ、私の気持ちをわかってよ」と、涙を浮かべます。

目を覚ました炭治郎。

そこには、あざ笑う妓夫太郎の姿がありました。

妓夫太郎は炭治郎の指を折り、追い打ちをかけるように貶し続けます。

もちろん炭治郎も負けてはいません。

一瞬の隙をついて、妓夫太郎の足に毒を仕込んだクナイを刺し、動けなくなった妓夫太郎の頸を斬ろうと襲い掛かります。

すると、瓦礫の中から善逸が飛び出し、『雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 神速』で、堕姫の頸に斬れ目を入れました。

一方、炭治郎は妓夫太郎の血鎌によって、刀を押し上げられ弾かれてしまいます。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:激闘の結末

諦めることなく、妓夫太郎に立ち向かう炭治郎。

しかし、そんな炭治郎に、妓夫太郎の血鎌が目前へと迫ります。

その瞬間、倒れていたはずの宇髄が、妓夫太郎の攻撃を防ぎました。

宇髄は、独自の戦闘計算式である『譜面』を完成させていたのです。

炭治郎に、妓夫太郎の頸を斬らせるため、妓夫太郎の攻撃を弾き防いでいきます。

今度こそはと、頸を狙う炭治郎の顎を、妓夫太郎は血鎌で突き刺しました。

ですが、炭治郎も渾身の力を振り絞って、妓夫太郎の頸に刃を落とし続けます。

妓夫太郎は、堕姫の頸さえ繋がっていればと考え、意識を堕姫に移しました。

堕姫の頸を斬るのに、苦戦する善逸。

しかし、善逸の元に復活した伊之助が現れ、双方から堕姫の頸に斬り込んでいきます。

気合いを入れて叫ぶ、炭治郎、善逸、伊之助の3人。

叫ぶと同時に、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に切り落とします。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:禰豆子の血気術

地面に転がる、妓夫太郎と堕姫の頸。

ですが、炭治郎の体は毒で危険な状態になっていたのです。

そこに、妓夫太郎の頸から『円斬旋回』の攻撃が放たれました。

炭治郎がふと、目を覚ますと周りはめちゃくちゃに荒れています。

心配そうに見つめる禰豆子に助けてくれたお礼を言うと、炭治郎はなぜ自分は動けるのかと不思議に思いました。

そこに、伊之助がやばいと、善逸が炭治郎を呼びに来ます。

慌てて、伊之助の元に駆け付ける炭治郎。

心音も弱ってきた伊之助を、どうにかして助けなきゃと焦っていると、禰豆子が近寄ってきました。

そして、自分の手から出した炎で、伊之助を包みます。

すると、みるみるうちに毒で冒された傷を治してしまったのです。

一方、宇髄は死を覚悟して、3人の嫁たちに何か言い残そうとする、嫁たちが騒ぎ出して何も言えなくなってしまいました。

そこへ、禰豆子が現れ、伊之助の時と同じように炎で宇髄を包み込みます。

驚く宇髄に、炭治郎は禰豆子の血気術は、鬼の毒を消すことができるようだと言います。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:兄妹の過去

炭治郎が、妓夫太郎と堕姫の頸を探していると、2人は言い争いをしていました。

堕姫に向かって、お前なんて生まれてこなきゃ良かったと、言いそうになる妓夫太郎の口を炭治郎が押さえます。

「本当はそんなこと思ってないよ、全部嘘だよ」と炭治郎は言いました。

2人が犯してきたことは許されないこと、けれど、たった2人の兄妹だからこそ仲良くしなきゃと、静かに諭す炭治郎。

そんな炭治郎に対して、堕姫はうるさいと叫びます。

妓夫太郎に助けを求め、死にたくないと言いながら崩れ消え去る堕姫。

消えていく堕姫を見て、妓夫太郎は「梅」と叫ぶのでした。

そこから、妓夫太郎は堕姫との過去を思い出します。

遊郭の最下層・羅生門河岸で生まれた、妓夫太郎と梅(堕姫)。

容姿が醜いと忌み嫌われても、必死に生きた妓夫太郎。

しかし、小さな頃から綺麗だった梅は、妓夫太郎にとって自慢の妹でした。

ある日、梅は客だった侍の目を、簪で突き刺してしまいます。

原因は、妓夫太郎を侮辱されたからでした。

侍は、報復として梅を縛り上げると、生きたまま焼いてしまったのです。

仕事から戻った妓夫太郎は、丸焦げになった梅を見て取り乱します。

侍は、取り乱す妓夫太郎の背中を斬り付けました。

そこへ、妓夫太郎の始末を侍に頼んだ女将が現れて、侍にお礼を言います。

その直後、妓夫太郎は鎌で、女将を殺してしまいました。

そのまま、侍をも斬り殺す妓夫太郎。

そんな妓夫太郎と梅のところに、当時上弦の陸だった童磨が現れ、2人に血を分け与えます。

こうして、妓夫太郎と梅は鬼になったのでした。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:兄妹の絆

そして、妓夫太郎と堕姫は死んでいきます。

妓夫太郎は、梅のことが心残りだと考えながら暗闇に立っていると、綺麗だった子供の頃の梅がやってきました。

妓夫太郎を侮辱したことを謝る梅を、もう兄妹じゃないと突き放してしまいます。

それは、梅を不幸にしてしまった負い目を感じたから。

そんな妓夫太郎から、絶対に離れない、ずっと一緒にいるとすがる梅を見て、昔を思い出しました。

「約束する、ずっと一緒だ、絶対離れない」「ほらもう、何も怖くないだろ?」と約束した、あの寒い雪の降る日。

すると、妓夫太郎は梅を背負うと、暗闇の中へと消えていくのでした。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレ:宇髄天元引退へ

「仲直りできたかな?」と呟きながら、消えていく2人の頸を見つめる炭治郎。

そして、宇髄の元に、蛇柱・伊黒小芭内がやって来ます。

健闘を称えながらも、復帰するまでどうする気だと問い詰める伊黒に、宇髄は引退を宣言。

若手も育っていないのにと、反対する伊黒に宇髄は、若手は確実に育っていると炭治郎たちへ視線を向けます。

伊黒は、炭治郎が生き残ったことに驚くのでした。

宇髄たちが、上弦の陸を倒したと報告を受けた、産屋敷耀哉は誓います。

「鬼舞辻無惨、お前は必ず私たちが私たちの代で倒す」「我が一族、唯一の汚点である、お前は...!!」と。

 

鬼滅の刃遊郭編その後はどうなった?

遊郭での戦いの後、炭治郎は2ヶ月間も意識が戻りませんでした。

目が覚めた炭治郎は、鬼殺隊事後処理部隊の隠をやっている後藤に、他の仲間たちの状態を尋ねます。

善逸は、一昨日から復帰して、嫌がりながら任務に出たこと。

宇髄は、嫁の肩を借りながら自分で歩いていると、後藤は説明しました。

そして、伊之助のことを聞くと、伊之助はすごく状態が悪く、毒のせいで呼吸による止血が遅れたと、アオイが説明しました。

しかし、そんな伊之助は、炭治郎の部屋の天井に張り付いていたのです。

炭治郎より、7日前に目が覚めたという伊之助。

俺は不死身だと騒ぐ伊之助を、アオイが注意していると、炭治郎はみんなの無事を確認できて安心したのか、眠ってしまいました。

炭治郎は、その1週間後に復活して、伊之助も任務復帰へ。

炭治郎は、体力が戻らないと感じながらも、体力回復に励んでいました。

 

鬼滅の刃遊郭編の最後やその後に関するツイッターの声

みなさん、鬼滅の刃 遊郭編の最後は、涙が止まらないと感動していますね。

その他にも、笑いもあって面白かったという声もありました。

それでは、鬼滅の刃 遊郭編の次の話は、刀鍛冶の里編になるのでしょうか。

 

鬼滅の刃遊郭編の次の話は刀鍛冶の里編?

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編は、12巻100話から15巻127話までになります。

遊郭での激闘で、炭治郎の日輪刀は刃がボロボロになってしまいました。。

しかし、今までも日輪刀を壊してしまっていたため、刀鍛冶の鋼鐵塚からは怒りの手紙だけが届き、新しい日輪刀は届きません。

困った炭治郎は産屋敷耀哉に許可をもらって、鋼鐵塚の住む刀鍛冶の里へ行くことにします。

ですが、刀鍛冶の里は、鬼に見つからないように場所は明かされていません。

目隠しと鼻栓をした炭治郎は、隠の者たちに背負われ、刀鍛冶の里へと向かいます。

刀鍛冶の里に到着した炭治郎は、恋柱・甘露寺蜜璃や鬼殺隊同期の不死川玄弥と再会。

後に、霞柱・時透無一郎と再会します。

刀鍛冶の里長・鉄珍が、鋼鐵塚を探し出して連れてくるまで、炭治郎は訓練用のからくり人形『縁壱零式』を使って修行を始めることに。

そんな中、上弦の肆・半天狗と上弦の伍・玉壺が、刀鍛冶の里を見つけ襲撃。

炭治郎たちと、上弦の鬼との激闘が始まるのです。

 

鬼滅の刃遊郭編最後ネタバレまとめ

鬼滅の刃 遊郭編の最後と、その後をネタバレ紹介しました。

最後の熱い展開にハラハラしたり、妓夫太郎と堕姫の兄妹愛にも涙してしまいますよね。

遊郭での戦いのその後も、炭治郎たちの掛け合いに笑ってしまうシーンもあって、とても面白いです。

鬼滅の刃 遊郭編の次の話は、刀鍛冶の里編へと進んでいきますが、どうなっていくのか気になるところだと思います。

次の話の刀鍛冶の里編での、炭治郎の活躍が楽しみですね。

以上「鬼滅の刃遊郭編の最後やその後をネタバレ紹介!次の話は刀鍛冶の里編?」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。