アニメ

鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送?2クールで刀鍛冶の里編までやるのか考察

鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送?2クールで刀鍛冶の里編までやるのか考察

10月から放送が決定した鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』。

ファンにとって喜ばしい発表でしたが、ツイッター上では『遊郭編』が1クール放送になるのかざわついていました。

たしかにこれだけ人気の作品が1クール放送で終了となると、少し物足りない気がしますよね。

そこで、鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送で終了するのか考察してみました。

2クール放送で『刀鍛冶の里編』までやるのかも調べてみましたので、最後までご覧ください。

今回は「鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送?2クールで刀鍛冶の里編までやるのか考察」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃アニメ2期遊郭編は1クール放送?

まずは鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』が1クールで放送されるのか考えてみましょう。

 

鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は漫画だと何巻何話の話?

鬼滅の刃『遊郭編』は、原作漫画8巻70話から11巻97話までのエピソードです。

劇場版アニメ『鬼滅の刃 無限列車編』でも描かれた任務から4か月後。

蝶屋敷での鍛錬を続けながら、炭治郎、善逸、伊之助の3人は単独で任務に行けるまでに成長していました。

そんな中、音柱・宇髄天元が蝶屋敷を訪れます。

任務で女の隊士が必要な宇髄は、アオイとなほを誘拐。

しかし、炭治郎、善逸、伊之助から激しく攻め立てられ、仕方なく3人を任務に連れて行くのでした。

詳しいネタバレを知りたい方は「鬼滅の刃遊郭編ネタバレ!アニメ2期は何巻の漫画の内容?」の記事もご覧ください。

 

鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は何クール放送?

では、鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は何クールで放送されるのでしょうか?

結論から申し上げますと、1クールで放送される可能性が高いです。

まず、『遊郭編』は原作漫画3巻分に相当します。

基本的に日本のアニメは、1クール全12話~13話で構成され、原作漫画を3巻ほど消費します。

鬼滅の刃アニメ1期も全26話放送で、原作漫画を6巻分消費していました。

これらのことから、鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は、1クールで放送される可能性が高いです。

しかし、これは『遊郭編』のエピソードに限った話。

もし『刀鍛冶の里編』もやるのであれば話は変わってきます。

 

鬼滅の刃アニメ2期は2クール放送?刀鍛冶の里編までやる可能性は?

上記で鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送の可能性が高いと説明しました。

ですが、アニメ1期が2クール放送だったのに、アニメ2期が1クール放送になるのは少し物足りなく感じますよね。

では、鬼滅の刃アニメ2期が本当に1クールで終わってしまうのか考察してみました。

 

鬼滅の刃アニメ2期は2クール放送の可能性が高い

鬼滅の刃アニメ2期ですが、実は2クール放送になる可能性が非常に高いです。

その理由は4つ。

  • アニメ1期は2クール放送だった
  • 秋冬放送
  • 映画化との関係
  • 最近のアニメ放送の傾向

それぞれを詳しく解説していきましょう。

 

鬼滅の刃アニメ2期が2クールになる理由|アニメ1期は2クール放送だった

まず1つ目の理由は、アニメ1期が2クール放送だったことです。

アニメ1期で大人気となり、劇場版アニメも社会現象を起こした『鬼滅の刃』。

そんな国民的アニメに第2期が1クール放送で終わるとは考えられませんよね。

これほど人気があって視聴率が取れるアニメを、あのフジテレビが1クール放送で終了させるでしょうか?

アニメ2期の放送を心待ちにしていたファンも、1クールでは物足りないと思ってしまうでしょう。

実は制作会社のufotableは、鬼滅の刃アニメ1期まで連続2クールのアニメを作ったことがありませんでした。

分割2クールのアニメ制作の経験はあったものの、連続2クールは鬼滅の刃が初。

「1クールでは登場人物の成長や心情を丁寧に描写できない」という理由から連続2クールでの制作に挑んだそうですが、アニメ2期も2クールで制作してくれることを期待しましょう。

 

鬼滅の刃アニメ2期が2クールになる理由|ニュースで秋冬放送と明言された

先日、鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』の放送時期が発表されました。

その際、「秋冬放送」と明記されていたことで、ツイッター上で「秋冬ということは2クール放送!?」とざわついたようです。

もともと『クール』というのは、1年間を四半期に分けた期間を意味します。

もし鬼滅の刃アニメ2期が1クール放送であれば、秋放送と報じるでしょう。

しかし、秋冬と報じられたということは、2クール放送であるということ。

やはり鬼滅の刃アニメ2期は2クールになる可能性が高そうですね。

 

鬼滅の刃アニメ2期が2クールになる理由|映画化との関係

3つ目の理由は、映画化との関係です。

原作漫画を読んだ人は知っているでしょうが、『遊郭編』の次は『刀鍛冶の里編』が始まります。

このエピソードでは、メインキャラである善逸と伊之助が登場しません。

これまでほとんど登場しなかった時透無一郎、不死川玄弥、甘露寺蜜璃の3人が活躍するものの、映画化には弱いとの意見が多いようです。

柱が2人も登場するものの、煉獄杏寿郎が活躍した『無限列車編』ほどの感動はありません。

そのため、『刀鍛冶の里編』は映画化せず、アニメ2期の2クール目として放送するのではないでしょうか?

 

鬼滅の刃アニメ2期が2クールになる理由|最近のアニメ放送の傾向

『遊郭編』として制作が発表された鬼滅の刃アニメ2期。

「遊郭編と書かれているから遊郭編以降の話はやらないだろう」と思っている人も多いでしょうが、最近のアニメの傾向から考察すると、そうとも言い切れなくなっているのです。

最も分かりやすい例が、同じ週刊少年ジャンプで連載されている『呪術廻戦』です。

こちらの作品のアニメ化が発表された際のキービジュアルは、主要キャラである虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇、五条悟、両面宿儺の5人しか描かれませんでした。

もちろんファンは1クール放送だと思っていたでしょう。

しかし、1クール放送終了時に、次エピソードである『京都姉妹校交流戦』の開始が発表されたのです。

その際は新たなキービジュアルも公開され、ツイッターは歓喜のツイートであふれかえりました。

つまり、鬼滅の刃アニメ2期も1クールと思わせておきながら、年明けから2クール目が始まる可能性が十分あるのです。

 

鬼滅の刃アニメ2期は『刀鍛冶の里編』まで放送される?

上記の4つの理由から、鬼滅の刃アニメ2期は2クール放送である可能性が高いです。

そして、2クール目では『遊郭編』の次エピソードである『刀鍛冶の里編』が放送されると考えていいでしょう。

『刀鍛冶の里編』は原作漫画12巻100話~15巻127話。

3巻分なので、1クールの放送に収めるにはちょうどいいですよね。

 

鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』に関するツイッターの声

 

鬼滅の刃アニメ2期クールまとめ

ということで、鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送になるのか、2クール放送で『刀鍛冶の里編』までやるのか考察しました。

『遊郭編』自体は1クール放送で終了すると考えられますが、1月から2クール目となる『刀鍛冶の里編』が始まる可能性が高いです。

映画化との兼ね合いや、ニュースで「秋冬放送」と報じられたことを踏まえると、やはり1クールで終わってしまうことはないでしょう。

ぜひ、鬼滅の刃アニメ2期は2クールで放送して、無惨との最終戦を映画館で見たいですね。

以上「鬼滅の刃アニメ2期『遊郭編』は1クール放送?2クールで刀鍛冶の里編までやるのか考察」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。