漫画

鬼滅の刃炭治郎の父親は何者?鬼舞辻無惨との関係や痣から正体を考察

鬼滅の刃炭治郎の父親は何者?鬼舞辻無惨との関係や痣から正体を考察

鬼滅の刃にはたくさんの謎が隠されていますよね。

その中でも「炭治郎の父は何者なのか」という謎がSNS上で話題になっています。

炭治郎の父は鬼舞辻無惨とはどういった関係なのでしょうか。

そして、額にある痣にも何か特別な理由があるのか気になりますよね。

そこで、鬼舞辻無惨との関係や額にある痣から、炭治郎の父の正体について考察します。

炭治郎の父は何者か、その正体をみなさんも一緒に考察しましょう!

今回は「鬼滅の刃炭治郎の父親は何者?鬼舞辻無惨との関係や痣から正体を考察」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃炭治郎の父親は何者?

一体、炭治郎の父親は何者なのでしょうか。

考察する前に、炭治郎の父親について紹介します。

 

鬼滅の刃炭治郎の父親のプロフィールを紹介

名前は、竈門炭十郎。

顔つきは炭治郎と似ていますが病弱だった為、頬がこけて体は痩せていました。

感情の起伏がほとんど無い、穏やかな人だったと炭治郎は回想しています。

病気で床に臥せていましたが、最期まで優しく笑顔で過ごしていたそうです。

亡くなった年齢は明らかにされていません。

 

鬼滅の刃炭治郎の父親は何者なのか話題に!

炭治郎の父親は何者なのかについての、ツイッターの声を紹介します。

炭治郎の父親は何者なのか、正体を知りたがっている声が多いですね。

炭治郎の父親には、何か特別なものを感じる程その存在は大きいのでしょう。

 

鬼滅の刃炭治郎の父を鬼舞辻無惨との関係や痣から正体を考察

炭治郎の父について、鬼舞辻無惨との関係や痣からその正体について考察しようと思います。

 

鬼滅の刃炭治郎の父と鬼舞辻無惨の関係は?

まず、炭治郎の父と鬼舞辻無惨との関係について考察していきましょう。

竈門家を襲撃した鬼舞辻無惨。

鬼舞辻無惨は、初めから竈門家を襲うつもりで雲取山まで向ったのでしょうか。

実は、鬼舞辻無惨が竈門家を襲った理由は、明らかにされていません。

その後、浅草で炭治郎と鬼舞辻無惨が出会い、その時に炭治郎の耳飾りを見て驚いていました。

炭治郎がしていた耳飾りは『日の呼吸』が受け継がれている証です。

鬼舞辻無惨はかつて、その『日の呼吸』の使い手に倒されそうになっています。

それから、鬼舞辻無惨は『日の呼吸』の存在に恐怖し、固執していたのです。

鬼舞辻無惨は、その恐怖を断ち切る為に『日の呼吸』の使い手を上弦の壱・黒死牟と根絶やしにしました。

この事から、『日の呼吸』の存在を根絶やしにしたと思っていた鬼舞辻無惨が、竈門家を狙って襲ったという事は考えられません。

もし関係があれば、炭治郎の父が生きている時に竈門家を襲撃していたはずです。

以上を考えると、炭治郎の父と鬼舞辻無惨の間に因縁はないでしょう。

 

鬼滅の刃炭治郎の父の痣は縁壱の生まれ変わりの証拠?

炭治郎の父の額にも、痣がありますよね。

この額の痣は「縁壱の生まれ変わりの証拠なのでは?」と、SNS上で話題になっています。

実は、炭治郎と縁壱には共通点がたくさんあるのです。

炭治郎の父と縁壱は容姿や性格がとても似ています。

縁壱も炭治郎の父と同じく、穏やかな性格だったようです。

そして、2人には生まれつき額に痣がありました。

さらに、お互い『透き通る世界』が見えていたという事も明らかになっています。

その事から、炭治郎は縁壱の生まれ変わりなのではないかと考察されているのです。

 

鬼滅の刃炭治郎の父は鬼殺隊士だった?

炭治郎の父は鬼殺隊士だったのではないかという可能性について考察していきます。

炭治郎の父には生まれつき、額に痣がありました。

「日の呼吸に選ばれた者は、生まれつき額に赤い痣がある」と手紙で、煉獄さんの父・槙寿郎が炭治郎に教えています。

そして、炭治郎の父は病弱でありながらも踊っていた『ヒノカミ神楽』。

これは、どれだけ動いても疲れない息の仕方があると、幼い炭治郎に話していました。

しかも、炭治郎の父は死ぬ10日前に巨大な熊の頸を、小さな斧だけで斬り落としています。

病気で痩せ細った体で、巨大な熊を小さな斧一つで倒す事ができるのは『日の呼吸』が使えたからだと思います。

以上の事から、炭治郎の父は若い頃、鬼殺隊士だったのではと考えられるのですが、実際はそうではありません。

本当に炭治郎の父が鬼殺隊士であれば、家族も知っているはずです。

そして『日の呼吸』の継承者として、炭治郎に稽古をつけていたでしょう。

ですが、竈門家は先祖代々、炭焼きを営んできました。

炭治郎の父も病気で床に臥せる前は、炭焼きをしていたと考えられます。

それでは、なぜ炭治郎の父が『ヒノカミ神楽』を継承したのかというと、その理由までは明らかにされていません。

先祖から託された「耳飾りも日の呼吸も後世に伝える」という意思を継いだだけ。

ですが、もし炭治郎の父が鬼殺隊士になっていたとしたら『日の呼吸』の使い手として、最強な剣士になっていたのではないでしょうか。

 

鬼滅の刃炭治郎の父親まとめ

今回は、鬼滅の刃に登場する炭治郎の父は何者かについて考察しましたがいかがでしたか?

鬼舞辻無惨との関係や額の痣から、炭治郎の父は何者なのか、その正体に迫ってみました。

鬼舞辻無惨との直接的な関係はありませんでしたが、額の痣については『日の呼吸』の継承者の証だという可能性は大きいと思います。

炭治郎の夢の中で『日の呼吸』について、色々なヒントを教えてくれていた炭治郎の父。

鬼滅の刃の物語には、炭治郎の父はとても重要な存在だという事が分かりますよね。

以上「鬼滅の刃炭治郎の父親は何者?鬼舞辻無惨との関係や痣から正体を考察」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。